グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  ご挨拶

ご挨拶


このエントリーをはてなブックマークに追加

理事長・学長挨拶

理事長・学長 星長清隆

1964年、故・藤田啓介総長によって設立された学校法人藤田学園は、開学以来、一人ひとりの創造力を重んじる「独創一理」を理念として、幸福を生み出す臨床実践、社会貢献できる人材育成、世界を発展させる研究成果を生み出してまいりました。例えば、開学以来の伝統であるアセンブリ教育は、まさに昨今強調されているチーム医療教育の先駆けであり、特色ある教育プログラムとして進化を続けております。「我ら、弱き人々への無限の同情心もて、片時も自己に驕ることなく医を行わん」という理念を掲げそれを実践し続けている大学病院は、今年、国際医療機能評価JCIで99.8%の項目達成をもってスーパーエクセレントの評価を頂きました。

こうした開学以来の伝統と進歩は、代々脈々と受け継がれる「藤田イズム」の上に実現して来たもので、私の使命は、その上にさらなる向上を重ねることだと認識しています。国際レベルの質の高い研究、世界から高く評価される教育、豊かな国際交流、先進的かつ日本一安全な医療などに取り組んでいきます。

9月末に発表されたTHE世界大学ランキングでは、昨年よりランクを上げて世界では401~500位、国内では国立大学等と並ぶ7位タイ(昨年11位)、私立大学では引き続きトップと、さらに私達のブランド力を高めてくれました。来年春には、医療科学部の学部再編によって新たに保健衛生学部を新設し、より専門性を高めることになります。また、新たに世界から研究者が集う再生医療学の国際的研究センターCPCが本格稼動いたします。

本学には藤田医科大学病院、藤田医科大学 ばんたね病院、藤田医科大学 七栗記念病院の3つの教育病院に加え、2020年には岡崎医療センターを開院する計画となっております。最先端医療から終末期医療まで、幅広い領域の医療を身近で学べる環境が整っており、多様な疾患症例を学ぶ、臨床実習は特に力を入れております。また、厚生労働省が発表するDPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」の平成28年度の結果報告では、全国の大学病院の中で3年連続となる第1位となり、大学病院としては最多を誇ります。

本学では日常の教育、診療や研究のみでなく、様々な社会ニーズにも前向きに取り組んでおり、他大学との交流や産業界、地域社会との連携、海外の医療系機関との積極的交流を進めています。現在は海外の20を超える大学と学術交流協定を締結しており、学生や教職員の皆さんが国際的に活躍できることを期待しています。

医療人を志す向学心に燃えた皆さん、将来の我が国の医学・医療を担うために、藤田医科大学で学び、未来に向かって我々と一緒に邁進してくれますことを大いに期待したいと思います。

同窓会長挨拶

藤田学園同窓会 名誉会長
近松 均

私たちの母校 藤田学園は、2014年に創立50周年の節目を迎えました。
キャンパスには医療施設や校舎建設の槌音が50年間絶えることなく響き、世に送り出した卒業生も今や25,000名を超え、我が母校は国内有数の医療系総合学園へと成長を遂げています。いま、私たち卒業生は学内にあっては当事者として母校発展の恩恵を直接享受しており、学外に身を置いても母校の充実ぶりを誇らしく思い名誉に感じています。ついては、創設期から今日まで藤田学園の発展のために貢献された方々に、心より感謝の意を捧げる次第です。 
一方、私たちにとって先人の偉業をたたえ功績に感謝することと同様に大切なのが、次世代のためにアクションを起こすことではないでしょうか。今日の発展に満足することなく、後進たちには現在の私たち以上に整備された良い環境を提供してあげなければなりません。折しも母校では、「将来ビジョン」策定のためのワーキンググループが立ち上がりました。教育部門、研究部門、診療部門、経営・事務部門、そして同窓会を含めた5部門のワーキンググループの意見が集約され、ビジョン策定会議での議論を経て、次の50年の発展に向けての戦略が固まり順次実行に移されます。そして、それらの戦略の中には同窓会の力をもって実行できるものもあるはずです。7つの学部・学校の卒業生全員の力を結集して、母校の「将来ビジョン」の実現に協力することが出来れば、研究・医療設備が充実し、後進たちの学習環境や教職員の方々の職場環境が向上するだけでなく、私たち卒業生も成長し力をつけることが出来ると私は信じています。
同窓各位におかれては、母校の継続的発展計画である「将来ビジョン」の実現のために、物心両面にわたるご支援・ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。