グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  50周年事業の概要 >  施設の建設

施設の建設


このエントリーをはてなブックマークに追加

1、平成19年10月
生涯教育研修センター1号館

2、平成21年2月
アセンブリホール

3、平成24年9月
低侵襲画像診断+治療センター(放射能センター)

4、平成27年4月
大学病院A棟

5、平成28年2月
生涯教育研修センター2号館

6、平成29年8月
坂文種報徳會病院新棟

7.平成29年8月
七栗記念病院先進リハビリテーション棟

8.平成30年1月
大学病院B棟


9.平成32年(予定)
岡崎医療センター


 創立50周年記念事業につきましては、すでに平成19年10月に「藤田学園生涯教育研修センター1号館(写真1)」を、平成21年2月には「藤田学園アセンブリホール(写真2)」を、平成24年9月には「低侵襲画像診断・治療センター(放射線センター)(写真3)」を各々竣工いたしました。そして、「大学病院A棟」(写真4)につきましては、平成25年3月着工、平成27年4月に無事竣工いたしました。この新病棟については、基幹災害医療センターでもある当大学病院が大災害時にもその機能を維持できるように免震構造とし、さらには手術室の増設や総合救命救急センターが移設されました。この新病棟の実現により、本大学病院は災害と救急及び高度急性期の医療を担う、我が国随一の病院となります。平成28年2月には医療科学部を中心とした「生涯教育研修センター2号館(写真5)」の竣工、 平成29年8月「坂文種報徳會病院新棟(写真6)」竣工、平成29年8月「七栗記念病院 先進リハビリテーション棟(写真7)」竣工、平成29年1月「大学病院B棟(写真8)」竣工など、今後の本学園に求められている施設と設備は枚挙にいとまがありません。
 
また、平成30年には三河地域で初めての大学病院として、本学の第4教育病院として「岡崎医療センター(イメージ)」の開院も予定しております。
 
すでに多くのご協力をいただき、関係者一同深く感謝申し上げるところですが、関係各位におかれましては、本学園の発展と一層の社会貢献の実現に向けた本記念事業の趣旨にご賛同のうえ、格別のご支援を賜りたく、お願い申し上げる次第でございます。