グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > キャンパスライフ  > 緊急時における授業の取り扱いについて

緊急時における授業の取り扱いについて

本校は、医療系総合学園であり、キャンパス内には大学病院を有し、緊急時には災害拠点施設として、教職員一丸となって地域活動に貢献する必要があります。
医療職を志す私たちには、今、何が出来るのかを日頃より考え、行動してください。


災害時における授業に関する取り扱い

  1. 暴風・大雨警報が名古屋気象台から発令された場合
    (1) 午前6時までに警報が解除されないときはには、午前中の講義・実習及び試験を休みとします。
    (2) 午前10時までに警報が解除されないときはには、午後の講義・実習及び試験を休みとします。

  2. 暴風・大雨警報が各地域の気象台から発令された場合
    (1)登校を見合わせる。

  3. 地震に対して
    (1)通学途中に東海地震注意情報が発令された場合、登校しない。

  4. 登校してからの災害時における授業時間については、校長の指示に従う

  5. その他の災害などで校長が特に必要と認めた場合は、登校を見合わせる

  6. 校長は、防火・防災に関して必要な事項を別途定める