グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > キャンパスライフ  > 国家試験及び病院実習について先輩に聞きました (卒業生は在学中のコメント)

国家試験及び病院実習について先輩に聞きました
(卒業生は在学中のコメント)

国家試験対策に関すること

意志の強い仲間の存在が 目標の支えに

要点が学べる特別講義や自分の実力を確認できる定期的な模擬試験、先生の的確なアドバイスによって、効率よく国家試験対策が進められます。また、授業後も全員で自主的に勉強。仲間同士で教え合うことで、一緒に頑張ろうという高いモチベーションを保っています。

愛知県 緑高校卒 A.K(3年)

病院実習に関すること

コミュニケーションの大切さに気づく

入学前は病院と言えば、医師、看護師のイメージしかなかったけれど、大学病院ではリハビリを担う療法士や薬剤師など驚くほどに多くの職種の方が関わって病院が成立しています。だからこそ、チーム医療が大事なんだと、あらためて実感しました。
実習を通じて一番学んだのは、コミュニケーションの大切さ。患者さんや他の医療職との会話を通じて、いろいろな情報を得ることが大事だって気がつきました。また、より良い看護にかかせないふだんの観察力、とっさの判断力など、人間としての能力も身についたと感じています。

愛知県 天白高校卒 N.K(3年)

その人に合わせた看護の実践

大学病院で実習させていただくことで、さまざまな医療職の仕事がわかり、その中で看護師がどのような役割を担っているのかも理解できました。また、看護師さんが一人ひとりの患者さんに合った看護を提供しているのを見て、すごいなと感激しました。こうした個別性は教科書では学べませんが、実習の場で一人ひとりに合った看護を考えることで、実践力を磨くことができたかなと思っています。
私は終末期医療に興味があり、人生の最期を迎える患者さんやご家族に寄り添える看護師になりたいと考えてきました。でも、やはりその前に、いろいろな病棟で経験を積むことが大切だなと実感しました。
岐阜県 長良高校卒 Y.O(2年)

言葉がけや関わり方で 患者さんが変化する

東尾張病院で精神疾患の患者さんの看護を経験しました。最初は返答がいただけず、患者さんと関わることに消極的でした。しかし、意識して患者さんのそばにいる時間を増やすと、少しずつコミュニケーションが取れるように。信頼関係の大切さを学ぶことができました。

愛知県 豊川高校卒 A.Y(3年)