グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 資格・就職  > 先輩メッセージ

先輩メッセージ

看護の基礎を身につけると同時に人としての成長も促してくれた
厳しくも充実した3年間がその後の私たちを確実に支えています


M.K(藤田保健衛生大学病院勤務:2015年3月卒業)

学生時代の教えを胸に認定看護師をめざしたい

呼吸器内科病棟で、患者さんの日常生活の援助や人工呼吸器の管理をおこなっています。学生時代、何でも話せる先生方に支えられ、知識や技術、言葉づかいなどを身につけることができました。また「自分の体調管理ができない人は、患者さんの体調管理もできない」と学び、常に元気に仕事ができるよう心掛けています。今後も初心を忘れず勉強を続け、いずれはがん性疼痛看護の認定看護師になりたいと思っています。

W.Y(藤田保健衛生大学病院勤務:2015年3月卒業)

実践に即した学びが臨床現場で役立っています

循環器内科で狭心症や心不全などの患者さんを担当。心電図の観察や点滴の管理などをおこなっています。入退院を繰り返す患者さんが多く、その方に合った退院指導をするために、目くばり・気くばり・心くばりができる看護師になるのが目標です。こうした臨床現場で役立っているのが、学生時代に身につけた看護技術です。練習で使った器具も実践に即したもので、しっかり学んでおいて良かったと実感しています。

E.S(三重大学医学部附属病院勤務:2008年3月卒業)

大学院で研究を続けながら看護師としても活動中

専門学校から大学、大学院へと進学。現在は博士課程で基礎研究をおこなう一方、看護師として医学部での勤務や、保健師として役場の事業にも携わっています。専門学校の先生方は学生と真剣に向き合ってくださる方ばかりで、進学の際は質問にも快く対応していただきました。特定看護師や治験コーディネーターなど、看護師の職域は今後さらに拡大します。国家試験の先も少し意識しつつ、素晴らしい学生生活を過ごしてください。

E.O(株式会社フジドリームエアラインズ(FDA)勤務:2007年3月卒業)

客室乗務員の業務に看護師経験を生かして

卒業後、大学に編入し、病院勤務などを経て航空会社の客室乗務員に。学生時代、機内で急病人に対応した経験から、看護の知識が生かせる仕事と考えました。実際、在学中に乳児から高齢の方まで接した経験は、幅広い年代の方に接する業務に役立ちました。実習で培った「人のニーズに気づく力」も満足度の高いサービス提供の基盤となっています。今後も皆さんに安心してご搭乗いただくため、看護師経験を生かしていくつもりです。