グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > カリキュラム  > 年次別カリキュラム  > 1年次カリキュラム

1年次カリキュラム


カリキュラム

座学を中心に看護の基礎から一般教養までをしっかり学びます

基礎分野【科学的思考の基盤】 論理学/生活科学/情報科学/看護物理学
【人間と生活、社会の理解】 心理学/社会学/英語I
専門基礎分野【人体の構造と機能】
解剖生理学I/解剖生理学II/解剖生理学III/解剖生理学IV/生化学/栄養学

【疾病の成り立ちと回復の促進】
薬理学/微生物学/病理学総論/医療概論/疾病治療論I/疾病治療論II/疾病治療論III/疾病治療論IV/疾病治療論V

【健康支援と社会保障制度】
健康科学
専門分野I【基礎看護学】
看護学概論I/基礎看護方法論I/基礎看護方法論II/基礎看護方法論III/基礎看護方法論IV/基礎看護方法論V

【臨地実習】
基礎看護学実習I/基礎看護学実習II
専門分野II【成人看護学】 成人看護学概論  【老年看護学】 老年看護学概論
【小児看護学】 小児看護学概論  【母性看護学】 母性看護学概論
【精神看護学】 精神看護学概論
統合分野【在宅看護論】 在宅看護概論

Pickup講義

専門基礎分野 解剖生理学

医療の基本となる
人体の構造と機能を学びます

看護学の第一歩は人体を知ること。解剖生理学の授業を通して、人体の構造や機能を理解していきます。
また、看護学や医療技術の習得、臨床現場で必要になる知識を身につけることも目的にしています。
授業前と後では、 ”人の見方” が変わってくるはずです。

〈担当〉医療科学部 教授 山田 晃司

看護学の第一歩は人体を知ること。解剖生理学の授業を通じて、人体の構造や機能を理解していきます。また、今後の看護学や医療技術の習得、臨床の現場で必要となる知識を身につけることも目的としています。授業の前後では“人の見方”が変わってくるはずです。

専門分野Ⅰ 基礎看護学

講義と演習で看護の
土台づくりをおこないます

看護に必要な「知識」・「技術」・「態度」について学習する基礎看護学。「看護とはなにか」という問いから始まり、血圧や脈拍など患者さんを観察する技術、食事や排泄など患者さんの日常生活をサポートする技術、注射・検査など医師の診療を補助する技術といったさまざまな看護援助の技術を学習していきます。また、学生同士で患者役や看護師役を担いながら、患者さんの立場や気持ちを理解することも学習します。

〈担当〉西山 都師恵、小八重 和子

看護の基礎的な知識や技術、態度について学習する「基礎看護学」。看護とはなにか、という問いからはじまり、患者さんの日常生活のサポートから注射や検査といった診療の援助まで、講義と演習の両面を通じて習得していきます。

在学生の声

患者さんを笑顔にできるケアを身につけたい

先端医療だけでなく、実習を通じて地域の高齢者の方と積極的に交流し、その生活を支える医療についても学べる点にひかれて、この学校へ。自分がおこなうケアによって患者さんに喜んでいただき、その笑顔が見られるように、まずは基礎を身につけたいと思います。

岐阜県 中津高校卒 1年 M.N