グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > カリキュラム  > 年次別カリキュラム  > 2年次カリキュラム

2年次カリキュラム


カリキュラム

看護に対する視野を広げ、専門領域への理解を深めます

基礎分野【人間と生活、社会の理解】 教育学/英語II/人間関係の基礎/人間関係各論
専門基礎分野【健康支援と社会保障制度】 社会福祉概論/社会福祉各論/公衆衛生/看護のための検査学
専門分野I【基礎看護学】 基礎看護方法論VI/基礎看護方法論VII/臨床看護総論
専門分野II【成人看護学】 成人看護方法論I/成人看護方法論II/成人看護方法論III/成人看護方法論IV
        成人看護方法論V
【老年看護学】 老年看護方法論I/老年看護方法論II/老年看護方法論III
【小児看護学】 小児看護方法論I/小児看護方法論II/小児看護方法論III
【母性看護学】 母性看護方法論I/母性看護方法論II/母性看護方法論III
【精神看護学】 精神看護方法論I/精神看護方法論II/精神看護方法論III
【臨地実習】  成人看護学実習I/老年看護学実習I/精神看護学実習
統合分野【在宅看護論】 在宅看護方法論I/在宅看護方法論II/在宅看護方法論III
【看護の統合と実践】 医療の安全と災害看護

Pickup講義

専門分野Ⅱ 成人看護学

健康障がいからの回復や健康の維持増進、
健康問題への関わり方を学びます

人生の中でもっとも長い成人期。変化の激しい中、健康への問題を抱える対象者に寄り添う看護とはなにかを学びます。病気や障がいが生活や人生に与える影響も理解します。

〈担当〉内藤 綾佳、熊澤 幸子、屋木 景子

成人期の方を対象に、健康障がいからの回復とその後の維持、また終末期までの多様性や個別性を尊重し、その人らしく生きることをどう支えていくかを学習します。人が持つ力を活かした看護援助のために不可欠な知識も習得します。

専門分野Ⅱ 老年看護学

高齢者に寄り添い、人生を慈しむ看護を探求していきます

超高齢社会ですが、日常的に若い人が高齢者の方と接する機会は多くはありません。授業では、高齢者を多面的に理解する力を養うとともに、高齢者疑似体験やケアハウスの訪問など、体験を通して楽しみながら学ぶことを大切にしています。人生最期の期間をできるだけ健やかに過ごすための援助方法を学び、病院だけでなく介護老人保健施設にも協力していただき、実践的な知識や技術の習得に努めています。

〈担当〉園井 葉子

授業では、老年体験やケアハウスへの訪問など、体験型の内容を充実させ楽しみながら学ぶようにしています。
臨地実習においても、介護老人保健施設などで実践的な知識や技術の習得にも努めています。

専門分野Ⅱ 精神看護学

不安や苦しみを理解し的確な援助方法を身につけます

社会の変化にともない、心の健康に障がいを抱える人へのケアが重要視されています。
乳幼児から老人までの精神状態を学び、デリケートな問題への理解を深め、解決方法を探ります。

〈担当〉吉川 英治

心の看護は、患者さんとともに苦しむこともあり、自分自身の心を酷使する一面を持ちます。不安な心理状態を
しっかり理解し、患者さんを援助するとともに自分の心のバランスをしっかり保つ方法も身につけます。

在学生の声

幅広い視点を養い患者さんに合った看護を

実習の場で、なぜこの看護が必要なのか、根拠を理解して実践できるようになりました。一つだけはなく、状況に応じて多方向から看護を考える視点も身についたと感じています。患者さんの心に寄り添い、その方に合った看護を提供できる看護師になりたいです。

三重県 川越高校卒 2年 S.H