グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 特色と取り組み  > 拠点病院  > 肝疾患連携拠点病院

肝疾患連携拠点病院

藤田保健衛生大学病院は平成22年4月に愛知県から肝疾患診療連携拠点病院に指定されました。


肝疾患診療連携拠点病院とは

肝疾患診療連携拠点病院は、以下の内容を実施することが義務づけられています。

  1. 肝疾患診療に係る一般的な医療情報の提供
  2. 都道府県内の専門医療機関等に関する情報の収集や提供
  3. 医療従事者や地域住民を対象とした研修会や講演会の開催や肝疾患に関する相談支援
  4. 肝疾患に関する専門医療機関と協議の場の設定

拠点病院としての取り組み

肝疾患相談室

肝疾患診療連携拠点病院としての様々な業務を円滑に遂行するために肝疾患相談室を開設しております。肝疾患相談室では、肝臓の病気でお悩みの患者様およびその家族の皆様からの肝疾患に関するあらゆるご相談にお応えします。医療費助成、日常生活の注意点、治療法、検査、食事の注意点などいろいろな疑問や不安をお持ちのことと思います。どんなことで構いません。例えば、健診などで肝機能異常と診断されてどうしたらよいのか分からない、現在C型慢性肝炎で経過観察しているがインターフェロン治療を受けるべきか、など様々です。直接来院してくださっても、電話でも結構です。

また、3ヶ月に1回、肝疾患の治療や検査、薬、食事、日常生活について学んでいただくための肝臓病教室を開催しています。肝臓病教室の後にはグループワーク(座談会)を実施して、肝疾患を抱える方同志の交流を行っています。予約は不要でどなたでも参加できますので是非、ご活用ください。今後も、愛知県の肝疾患診療の充実及び拠点化、医療水準の向上に努めていきたいと考えています。