グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 特色と取り組み  > 地域・社会貢献  > 脳神経外科友の会

脳神経外科友の会

「脳神経外科友の会」の原型は昭和56年に発足いたしました。
当初、目的は主に、脳卒中、脳腫瘍の患者さまの後遺症を抱えられた方々に、日頃ゆっくりご相談に乗ることができない実情の中、このような会を通して皆さま方とコミュニケーションを図り、より身近でご相談に乗りたい、お世話をしたい、ということが目標でありました。

現在、会員数1,500名と数が増え、年1回一泊旅行を車椅子の方々と一緒に行っております。その他、本会の活動としては年2回の脳神経外科治療最前線というテーマの下、市民公開講座を開催し、その他小さい勉強会なども行っております。また直接コンピューター上でのご相談にも応じております。


ご相談のメールアドレスはsodan1@fujita-hu.ac.jpです。電話番号、ファックスは下記の通りです。
その他の活動として、年に2回皆さまのご意見を取り上げました脳神経外科にまつわる勉強を神野哲夫名誉教授、佐野公俊教授などから脳卒中の予防、脳腫瘍リハビリ、医療相談などの内容や、最新のトピックスによる脳神経外科関連の勉強シリーズを掲載しております。
入会の方の制限はございません。ご希望の方は下記までご連絡お待ち申し上げております。
メールアドレスsodan1@fujita-hu.ac.jp
電話番号0562-93-9253
ファックス0562-93-3118