グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 特色と取り組み  > 地域・社会貢献  > 新人看護職員研修受入事業  > 平成29年6月 プログラム

平成29年6月 プログラム

シミュレーショントレーニングⅠ(安全確保の技術) (与薬・療養上の世話に関する情報収集・患者確認・ダブルチェックの正しい安全管理)

目的与薬・療養上の世話において正しい患者確認(6R)を正しく理解し、常に安全に努める行動を実践する。
目標1.様々な場面における6Rの必要性を理解し、必要な資源を用いて患者確認ができる。
2.ダブルチェックを含めた正しい確認方法を通して、安全意識を高めることができる。
内容療養上の世話・内服・注射・処置などの場面を設定し、必要な資源(PDA、リストバンド、処方箋など)を用いて実際に患者確認を行う看護技術を修得する。

麻薬管理と実際【DVD】

目的医療用麻薬の管理・効果と使用について学び、安全な麻薬の使用について理解する。
目標1. 麻薬の基礎知識、麻薬の取り扱いの実際について理解できる。
2. 疼痛緩和における麻薬の使用について理解できる。
内容麻薬の管理、および当院で採用されている麻薬について学習する。また、麻薬の取り扱い方法について学び、正しく麻薬を管理する方法を学習する。疼痛緩和の管理方法に応じた、麻薬の使用方法について学習する。また、患者の全身状態にあわせた観察の視点を学び、具体的な行動について学習する。

ハートリフレクションⅠ  

目的1. 入職1年後に目指す自己の看護を明確にし、到達に向けての過程を確認しながら看護観を深める。
2. 職場適応を促進するための人間関係を構築し、自分を支える周囲への関心を深め、組織人としての責任と自覚について明確にする。
3. 病院組織における看護職の責務を自覚し、果たすべき役割を実践する。
目標1. 2年目の看護師とのディスカッションを通し、悩みの共有や自己の立場を認識することで、看護師としてのモチベーションを保ち続けことができる
2. 組織の一員としての行動について考えることができる。
3. 組織の一員としての自覚を持ち、職務を果たす意味を理解できる。
4. 看護職としてのキャリアパスを描き、自己実現のための責任について理解できる。
内容ポートフォリオの取り組みを実施する。組織に属する一員として、看護師としてのビジョンを描きそのための計画を立案する。
入職1ヶ月経過し実際の看護業務を通して、24時間患者の安全を守るための決意や組織人としての自覚について考える。また、自己のキャリアパスの作成を通して、看護師としての成長を考える。
小グループの活動を通して、定期的に各種尺度を用いて自己評価・現状分析を行い、自己の成長につなげる。