グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 特色と取り組み  > 情報公開への取り組み  > 医療安全に係る監査委員会  > 平成29年度 第1回 医療安全に係る監査委員会

平成29年度 第1回 医療安全に係る監査委員会

監査委員会

氏名所属選定理由委員長
稲葉一人中京大学法科大学院 教授法律に関する見識者
後藤克幸CBCテレビ 論説室解説委員メディアの医療安全に関する見識者
小浮正典豊明市長一般市民の代表者
井澤英夫藤田保健衛生大学坂文種報德會病院 病院長医療に関する学識経験者
金田嘉清藤田保健衛生大学 医療科学部長医療に関する学識経験者

第1回 医療安全に係る外部監査結果報告

藤田保健衛生大学病院の医療安全に係る監査委員会規程に基づき実施したので、その結果について公表する。

1.実施日時

実施日時 平成29年6月12日(月) 17:00~18:00

2.監査委員

委員長 稲葉一人(中京大学法科大学院教授)
委  員 後藤克幸((株)CBCテレビ論説室解説委員)
委  員 小浮正典(豊明市長)
委  員 井澤英夫(藤田保健衛生大学坂文種報德會病院長)
委  員 金田嘉清 (藤田保健衛生大学医療科学部長)

3.監査の方法

医療安全に係る内部統制等が機能しているか等、医療安全管理の取り組み状況等について、外部監査員による必要な是正措置を含む助言や指導を行う。

4.監査結果

安全管理組織と管理体制の説明の後、平成28年度の安全管理統計報告及び院内事例検討会等の実績を報告した。監査の結果及び意見は次のとおりである。

○統計報告の他病院との定量的な比較について
  院内の統計報告はしっかりとされているが、他病院や全国統計とのベンチマークによる評価についても
  検討してほしい。

○事故調査報告の評価について
  事例に対する調査と報告はされているが、組織としての再発防止や過去事例との分析、患者本人及び
  家族の評価や対応についても評価対象として検討してほしい。

○高難度新規医療技術の報告レベルについて
  定義が「病院で実施したことのない医療技術で、その実施により死亡その他重大な影響が想定されるもの」と
  あるが、死亡等が想定されていないものは報告しなくて良いとなってしまうので「患者さんに一定の影響(侵襲)
  が想定されるもの」など定義の緩和を検討していただきたい。