グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 先端医療  > 先進医療について  > 前眼部三次元画像解析

前眼部三次元画像解析

目的

前眼部の断面像、画像解析法による3次元画像と数値的情報が非侵襲的に得られ、病態のより深い理解や疾患の診断精度の向上を目的としています。

技術の内容

光の干渉作用を利用して眼球組織の断面像を非侵襲かつ非接触で得ることができ、角膜、隅角、虹彩などの病変および前眼部の光学的特性を3次元かつ数値的に解析、前眼部の光学的特性を不正乱視を含んで数値的解析ができる眼球検査です。本解析法は干渉光とScheimpflug像を用いて角膜等を断層的観察する方法があります。いずれの方法も、装置にコンピューターが内臓されており、取得データのファイリング、画像劣化のない半永久的保存、取得データの数値的解析が行え、従来の眼科的検査では得られない情報の入手と情報管理が行えます。また、解析結果は電子カルテシステムに組み入れることも可能です。