グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 先端医療  > 先進医療について  > 腹腔鏡下広汎子宮全摘術

腹腔鏡下広汎子宮全摘術

目的

腹式の広汎子宮頸部摘出術を必要とする早期子宮頸癌の症例に対して従来行っている開腹による広汎子宮頸部摘出術を腹腔鏡下で行い、その実用性、安全性、有効性、予後を評価することを目的としています。

治療概要

手術の概要は従来行われて来た腹式広汎子宮全摘術を腹腔鏡下に以下のステップで行います。
[1] まず腹腔鏡下に骨盤リンパ節郭清を系統的に行います。
[2] 次いで膀胱側腔及び直腸側腔を十分に展開した後に、前中後子宮支帯を分離切断。
[3] 腟管を切開し余剰腟壁をつけて子宮を経腟的に摘出。

安全性及び有効性について

Primary endopoint;切除標本の病理組織学的所見による根治性の評価と3年無再発生存期間
Secondary endopoint;無再発生存期間、3年5年全生存割合、手術時間、術中出血量、輸血率、術中合併症の有無、術後合併症の有無、術後QOLの評価等とし、これらを検証し安全性が同等で有効性が開腹術を上回ることを当院での開腹術の成績及び過去の手術治療成績の報告と比較証明します。

効果について

従来の開腹による手術と比較し、患者さまに対してより低侵襲な手術が可能になります。その結果として、患者様の肉体的負担が軽減し、また、入院期間短縮による経済的負担の軽減にも貢献できる点において、極めて先進性のある手術です。