グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 先端医療

先端医療

ロボット支援手術は、今までの内視鏡下手術の利点をさらに向上させうる、次世代の医療革新の一端を担った分野です。


当院は東海・北陸地区で唯一、腎臓、膵臓、肝臓などの多臓器の移植を実施しており、300例を超える症例の実績があります。


放射線治療、核医学、MRI、血管撮影、CT、透視部門をフロアごとに設置。超低侵襲の診断・治療を行える中枢的な施設です。


本院では、平成27年3月2日より経カテーテル的大動脈弁置換術経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)の
実施施設に承認されました。


糞便移植とは健康な人の便に含まれている腸内細菌を病気の患者様に投与する治療法です。
当院では臨床倫理委員会、医学研究倫理委員会において、2015年8月18日に施行が承認されました。