グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > お知らせ  > 熊本地震「被災地支援活動報告」

熊本地震「被災地支援活動報告」

 4月14日以降に相次いで発生した熊本県を震源とする一連の大地震は、熊本市内を中心に、九州全域に大きな被害をもたらしています。藤田保健衛生大学病院は、この「平成28年熊本地震」の被災地域に対し、復興支援活動を行っております。

 本大学病院は熊本市西区からの派遣要請により、災害外傷外科 平川 昭彦 教授をチームリーダーとする医師、看護師ら5人による救護班を派遣しています。救護班は19日から西区役所に入り、医療対策本部を立ち上げ、区内約50ヶ所ある避難所を巡回し、避難者からの健康相談や診察にあたっています。避難所では持病がある高齢者へのケアや衛生面の対策が不足しており、避難者の持病悪化や感染症蔓延の懸念があるため、地域の医療機関の診療機能が回復するまで交代でチームを派遣します。

□ 支援地域  熊本市西区

□ チーム構成 医師  2名
        看護師 2名
        調整員 1名

□ 活動内容  医療対策本部の立上げ
        診察・健康相談

□ 活動期間  4月19日(火)
        ~5月初旬(予定)

熊本地震「被災地支援活動報告」はこちらから印刷頂けます。