グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 採用情報  > 後期研修医(専攻医)募集

後期研修医(専攻医)募集

藤田保健衛生大学病院(豊明市)

藤田保健衛生大学病院は名古屋市に隣接するベッドタウンである豊明市に位置し、名古屋市に隣接する瀬戸市・尾張旭市・長久手市・日進市・東郷町・豊明市の人口 46 万人を超える地域を医療圏としています。
総合救命救急センターでは年間25,000人の外来受診患者を受け入れ、3次救急体制に加え1、2次の患者にも対応しています。外来1日2,000人、入院患者1日1,300人、入院ベッド数1,435床、大学病院としては日本最大規模の病院で、特定機能病院、基幹災害拠点病院、臨床研修指定病院でもあります。

初期臨床研修終了後は、「自分の目標とする医師像を実現するために必要なプログラムを選択して、質の高い臨床診療能力を習得する」ことを目標として、医師生涯教育の一環としてプライマリ・ケアから高度先進医療の幅広い臨床研修の場を提供いたします。
また、全てのコースと併願が可能な、病院で働きながら学位取得を目指す「社会人大学院」も設定しています。

藤田保健衛生大学病院(豊明市)後期研修医募集詳細


藤田保健衛生大学坂文種報德會病院(名古屋市中川区)

藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院は、昭和5年9月に前身である坂種病院が開院し、地域では「ばんたねさん」と大変親しまれ、信頼されてきました。高度かつ安全な医療を提供する大学病院であるとともに、地域医療ネットワークの拠点として、地域から信頼され、地域と共生している病院です。
JR名古屋駅から約10分、JR金山駅から約7分と名古屋都心部に位置する都市型病院で、診療科23科、一日の平均外来者数約700人、一般病床370床の総合病院です。

藤田保健衛生大学坂文種報德會病院(名古屋市中川区)後期研修医募集詳細


藤田保健衛生大学七栗記念病院(三重県津市)

藤田保健衛生大学七栗記念病院は昭和62年開設しました。病床数は218床で、リハビリテーションと緩和ケアを中心としている病院です。
緩和ケア病棟は、大学病院として日本で初めて開設しました。(平成9年)

藤田保健衛生大学七栗記念病院(三重県津市)後期研修医募集詳細