グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療の質・安全対策部  > 感染対策室  > 臨床研究に関する情報提供

臨床研究に関する情報提供

藤田保健衛生大学病院に通院中の患者さまへ(臨床研究に関する情報提供)

当院感染対策室では、以下の臨床研究を実施しております。
本研究は、後ろ向き観察研究 として、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」の規定により、
対象患者全例より直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開する事が必要とされております。
なお、本研究は多施設共同研究です。

研究課題名

黄色ブドウ球菌菌血症の発生に院内感染対策が及ぼす影響の検討

研究目的

黄色ブドウ球菌が血液から検出された症例数と、院内感染対策に必要な物品との関係を分析することで、
院内感染対策の質的な向上はかることを目的としています。本研究は、私立医科大学病院感染対策推進会議が進めており、研究結果は今後の診療にも役に立つものと考えております

研究方法

1.対象症例
2010年4月1日〜2013年3月31日に、藤田保健衛生大学病院に入院され、入院後48時間以降に実施した血液培養検査で、黄色ブドウ球菌が検出された方。

2.利用するカルテ情報
①年齢と性別
②入院の原因となった疾患名
③検出された黄色ブドウ球菌の薬剤感受性
④発症時の血管内カテーテルの留置状況
⑤推定される黄色ブドウ球菌菌血症の感染巣

3.個人情報の取り扱い
個人情報管理者による匿名化を図ります。名前や住所などの個人情報が院外に漏れることはありません。また研究結果は学会や医学研究雑誌などで発表されますが、個々の症例を特定できる個人情報は一切含まれません。

*本研究の対象になられる方で、「ご自身の検査結果を除外してほしい」と希望される方は、下記問い合わせ先までご連絡下さい。

問い合わせ先

藤田保健衛生大学病院 医療の質・安全対策部 感染対策室
担当医師 石川 清仁
電話 0562-93-2269 (感染対策室)FAX 0562-93-3711(代表)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。