グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療の質・安全対策部  > 感染対策室

感染対策室

縁の下の力持ちとして活動しています

「感染」という言葉を聞くと薬の効きにくい耐性菌の医療関連(院内)感染※1による死亡とか、新型インフルエンザなどの大流行を連想し、マイナスの印象を持たれる方も多いと思います。
感染対策室は、こうした感染の危険から患者さまや家族の方はもちろんですが、病院職員を含めて病院に出入りする全ての方を守るために活動している部署です。
患者さんを実際に診療することは少ないので、どんな仕事をしているか御存知ない方も多いと思いますが、病院を縁の下から支える、大変重要な役割を担っています。


※1:医療関連感染とは、医療施設(病院・診療所など)で、検査や治療・ケアを受ける状況下において、元の病気とは別に新たにかかる感染症のことです。
私たち人間の体には、健康な方でも病気の方でも多数の細菌が住み着いています。こうした細菌は通常は病気を起こすことはありませんが、免疫力が弱くなってきたり、カテーテル検査や手術などのような侵襲のある処置が行われる患者さんに感染すると、重大な病気を起こすことがあります。

室員の紹介

感染対策室には専従医師1名、兼任医師1名、専従看護師2名、専任薬剤師1名、検査技師1名、専任事務1名が所属しています。

主な活動内容

  1. 院内サーベイランスの企画、指導及び評価
  2. 定期的に病棟内でリンクドクターおよびリンクナースと感染状況などについての検討及び病棟内の巡視
  3. 必要に応じ、院内感染発生原因の疫学的調査及び分析
  4. 細菌検出情報レポートの作成活用、および公開
  5. 院内感染に関する職員への教育・啓発
  6. 院内感染防止対策マニュアルの作成、活用及び改訂
  7. 必要に応じ、抗菌薬や消毒薬などの勧告、使用制限または指定
  8. 院内感染防止に関連した委員会で用いられる資料及び議事録の作成と保存、その他感染対策のための委員会の庶務
  9. 必要に応じ感染対策に関する院内および対外的対応
  10. 各診療科や病棟などからのコンサルテーション業務
  11. その他、院内感染対策に関する事項