グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療の質・安全対策部  > 感染対策室  > インフルエンザ対応について

インフルエンザ対応について

患者さま・ご面会の皆さまへ

インフルエンザウイルスにはA、B、Cの3型があり、流行的な広がりを見せるのはA型とB型です。A型インフルエンザでは、数年から数十年ごとに世界的な大流行が見られ、昨シーズンは、A/H3N2(香港型)が流行しました。インフルエンザは、いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強く、特に高齢者や、呼吸器・循環器・腎臓に慢性疾患を持つ患者、糖尿病患者、免疫が低下している患者では、呼吸器系に二次的な細菌感染症を起こしやすく、入院や死亡の危険が増加するといわれています。また小児では、中耳炎の合併、熱性痙攣や気管支喘息を誘発することもあります。

平成26年12月18日
感染対策室


1.今季のインフルエンザ発生状況と対応について

2.予防接種

インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度おさえる効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられています。
当院のインフルエンザ予防接種は、外来では従来通り原則として成人には行わず、希望のある小児には小児科外来のみで実施しています。入院患者さまには、インフルエンザ予防接種が推奨される11月~12月にご入院中で、かつ長期的な入院が必要と思われる患者さまから、ご希望があった場合に実施しています。予防接種は病気に対する治療ではないため、健康保険が適用されません。原則的に全額自己負担となり、その費用は医療機関により異なります。

小児科外来(予約制です。直接小児科外来にお問い合わせください。)

接種量及び接種回数接種量接種回数
(1).6カ月以上3歳未満の方1回0.25mL2回接種
(2)3歳以上13歳未満の方1回0.5mL2回接種
(3)13歳以上の方1回0.5mL1回接種

1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合でも、12歳として考えて2回目の接種を行っていただいてかま  いません。
13歳以上の基礎疾患(慢性疾患)のある方で、著しく免疫が抑制されている状態にあると考えられる方等は、医師の判断で2回接  種となる場合があります。
一部のワクチンは、(1)については「1歳以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種」となります。

入院患者様

職員にご相談ください。

3.感染防止対策

1)咳エチケットにご協力ください

  1. 咳・くしゃみが出る時はマスクを着用しましょう。
  2. マスクをもっていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔 をそむけて1m以上離れましょう。
  3. 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
  4. 咳をしている人にはマスクの着用をお願いしましょう。

注意点

  • マスクは、市販されている不織布製マスクの使用が推奨されます。
  • マスクを着用しているからといって、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではありません。
  • マスクは説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

2)待ち合いなどへの配慮にご協力ください

インフルエンザ様症状のある方は、待ち合いや診察の順番に配慮させていただく 場合があります。