グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 医療の質・安全対策部  > 安全管理室  > 医療事故レベルの分類

医療事故レベルの分類

1.用語の定義

1.医療事故

医療事故とは医療者の医療行為や医療施設の設備、システムに原因を発したすべての人身事故一切を言い、医療者・管理者の過失に基づくものだけではなく、不可抗力による場合も含む。また、患者だけでなく、医療従事者に被害が生じた場合も含まれる。このうち医療従事者の過失のために患者に被害が生じたものを医療過誤という。

2.インシデント

エラーや医薬品・医療用具の不具合が見られたが、患者には実施されなかった場合や医療行為において患者に軽微な処置を必要とした場合のものをいう。当院のインシデントとは、患者影響度レベル0から3aまでをいう。

3.アクシデント

患者に濃厚な処置や治療を必要とした場合や、永続的な障害や後遺症を生じた場合のものをいう。当院のアクシデントとは、患者影響度レベル3bから5までをいう。

4.クレーム

医療事故とは異なるもので、医療従事者に過誤・過失がないにも関わらず、患者から苦情が発生した場合を指す。

5.合併症

医療行為に際して二次的に発生し、患者に影響を及ぼす事象をいう。
なお、合併症には予期できるものと、予期できないものとがある。

2.医療事故レベルの分類

医療に関する場所においては、様々なトラブルが発生し得るが、それを患者あるいは被害者への影響の程度に応じて、当院では下記の7段階にて判定する。
レベル患者影響度レベル
レベル0
(ヒヤリハット)
エラーや医薬品・医療用具の不具合が見られたが、患者に実施されなかった場合
レベル1エラーや医薬品・医療用具の不具合があり、患者に実施されたが被害がなかった場合
レベル2患者のバイタルサインに変化が生じたり、検査の必要性が生じた場合
レベル3a軽微な治療や処置(消毒、湿布、鎮痛剤投与など)が必要となった場合
レベル3b濃厚な治療や処置(予定外の処置や治療、入院、入院期間延長など)が必要となった場合
レベル4永続的な後遺症が残る場合
レベル5死亡した場合(原疾患の自然経過によるものを除く)
クレーム医療事故とは異なるもので、医療従事者に過誤・過失が無いにも関わらず、患者から苦情が発生した場合