グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 薬剤部

薬剤部

薬剤部の使命

「患者のため(for the patients)」「病院のため(for the hospital)」「医療のため(for the medical)」


業務内容

当院薬剤部は、調剤室、注射・製剤室、化学療法室、薬剤管理指導室、医薬品情報管理室(DI室)、薬品管理室、麻薬管理室、学生指導室の8部門と外来薬物療法センターで構成されています。

調剤室

調剤室では入院・外来患者さんの内服薬・外用薬を調剤しています。電子カルテによるオーダリングシステムを導入し、医師がパソコン上で処方入力すると、調剤室より処方せん(院内)・薬袋が発行される仕組みになっています。薬剤師は処方せん内容をチェックした後、処方せんに従い調剤を行います。

注射・製剤室

医師によってオーダーされた注射薬が、正しく施行されるように薬剤師が注射箋に基づき監査し、TPN(高カロリー輸液)に関しては管理・無菌調製まで行い、払い出しています。
また、災害等の緊急時にも注射薬を安全に使用できるように、在庫管理・品質管理も行っています。
さらに、製剤業務として、院内製剤の調整を行っています。

化学療法室

近年、新規抗がん剤や優秀な支持療法剤の登場とともに、副作用をある程度抑える事が可能となりました。
それに伴い、より安全で質の高い化学療法が提供されるようになってきています。
薬剤師は、薬の専門家として、抗がん剤の治療計画(レジメン)の審査から実際の治療のチェック(投与量・休薬期間・検査値・投与経路等)、無菌調製、患者指導(薬剤師外来など)に至るまでの各場面に携わり、治療の安全向上に努めています。

薬剤管理指導室

患者さんが安心して治療が受けられるよう、担当の薬剤師がベッドサイドで薬物治療に関する説明を行います。
医師、看護師、他スタッフへの情報提供、他職種でのカンファランスへ参加し薬の専門家としてチーム医療に参画しています。

医薬品情報管理室(DI室)

藤田保健衛生大学病院の採用医薬品(約2,200品目)をはじめ、院内外で使用される医薬品等に関する情報を広く収集、整理、評価し、医薬品が適正に使用されるように情報提供を行う部署です。必要に応じて病院スタッフや薬剤師に提供したり、問合せに対応したりしています。

薬品管理室

処方箋により調剤される、内服薬、外用薬の在庫管理を行っています。
過去に調剤した薬品の使用量を分析し、過剰在庫、在庫不足にならない様に注意し、適切な量の薬品を発注します。

麻薬管理室

医療用麻薬の購入、保管、病院内各部署への払い出し、使用後の確認、残薬の処理を行っています。

学生指導室

薬剤教育6年制では5年次に11週間の病院実務実習があります。近年、医療の高度化や医療の現場での必要性から、病院薬剤師の業務は多様化しています。学生指導室では実務実習を通じて知識や技術、医療の担い手としての倫理など、将来、薬剤師になるための資質を習得できる様指導をしています。