グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 輸血部

輸血部

私たちの使命(ミッション)

「安全かつ適正な輸血療法の実践」


業務内容

さまざまな輸血関連検査のほか、血液製剤・血漿分画製剤の管理・保管と供給、自己血採血と保管・管理、末梢血造血幹細胞採取と移植までの保管・管理

輸血関連検査

【血液型検査】
 代表的なABO式およびRh式血液型検査の他、必要に応じて詳細な亜型の検査を行っています。

【不規則抗体検査】
 輸血や妊娠などの際に患者さんの免疫系が刺激を受け、赤血球に対して抗体をもつようになることがあります。この抗体を不規則抗体といい、輸血副作用の原因となることがあります。輸血前に不規則抗体の有無(不規則抗体スクリーニング)を確認し、不規則抗体がある場合には、その種類を検査・特定することで輸血による副作用を予防します。

【交差適合試験】
 赤血球製剤を輸血する際、供血者(血液を提供する人)と受血者(輸血を受ける患者様)との間で適合するか、確認試験を行います。これを交差適合試験(クロスマッチ)といいます。

自己血採血

 手術に必要とされる輸血をご自身の血液で賄う輸血の方法です。これは他人からの同種血輸血の副作用を回避しうる最も安全な輸血療法であり、待機的手術患者における輸血療法として、自己血貯血に耐えられる全身状態にある患者様には推奨されています。当院、輸血部では、貯血式自己血輸血用の血液の採血、保管および管理を行っています。詳しい適応や禁忌については担当医にお聞きください。

末梢血幹細胞採取

 大量制がん薬投与後の末梢血幹細胞移植は悪性リンパ腫や多発性骨髄腫、一部の急性白血病の治療法として確立しています。輸血部は血液内科など関係各科と連携し、患者様や同種造血幹細胞移植ドナーからの末梢血幹細胞採取時の採取や保管管理、移植時の出庫や解凍操作などに積極的に関わっています。

手術室サテライト

 手術室内に輸血サテライトを設けています。サテライトには輸血の専任スタッフを配置し、手術用輸血製剤の迅速な供給、血液製剤および血漿分画製剤の保管・管理を行っています。

施設認証・有資格者等

認定輸血検査技師制度指定施設
臨床輸血看護師制度指定研修施設
日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定施設
認定輸血検査技師 (輸血部所属4名、他2名)
臨床輸血看護師 (輸血部所属2名、他5名)
日本輸血・細胞治療学会認定医 (輸血部所属1名、他1名)
細胞治療認定管理師 (輸血部所属3名)

輸血製剤使用実績・自己血採取実績 (過去3年平均)

赤血球液18,174単位/年
濃厚血小板24,463単位/年
新鮮凍結血漿17,776単位/年
自己血採血回数468回/年
末梢血幹細胞採取回数20回/年