グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > FNP室

FNP室

診療と看護の能力を併せ持つ診療看護師                               藤田診療看護師(FNP:Fujita Nurse Practitioner)


診療看護師とは

 あらかじめ作成した手順書※1に沿って、医師不在時に治療を必要とする患者さんに特定行為※2を始めとする医療行為を行うことができる看護師です。医師と共に「入院から退院まで」を一連の流れとして看護と治療の両面から患者さんに関わっています。診療看護師は医療行為ができることに注目されることが多いですが、患者情報・治療方針を継続的にまた医学知識に基づき詳細に把握することにより『医師と看護師の架け橋』の役割をしています。チーム医療の一員として様々な職種と協働し、患者さんに安心安全でより良い医療を提供できるように関わっています。


※1手順書とは
医師又は歯科医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文書であって、「看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲」、「診療の補助の内容」等が定められているものです。

※2特定行為とは
診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる38行為21区分です。

救急外来での様子(腹部超音波)

病棟での様子(抜糸)

手術室での様子(写真中央 FNP)

ICUでの様子(ペースメーカーの設定変更)

構成

 2016年度、当院では7名の診療看護師が勤務し、中央診療部FNP室に所属しています。各診療科をローテートしており、1年目は内科を含め各科を約1ヶ月単位、2年目は外科、救急、麻酔科を中心に2〜4ヶ月単位で、3年目は希望の診療科を中心に約半年単位でローテートしております。2017年度より診療看護師はそれぞれの専門性を持って、固定した診療科で活動していく予定です。