グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 褥瘡対策チーム(褥瘡対策実務委員会)

褥瘡対策チーム(褥瘡対策実務委員会)

褥瘡対策実務委員会とは

本委員会は、2002年に結成されました。医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、医事課といった他職種で構成されるチームとしては院内で最も歴史があり、高いチームワークで藤田保健衛生大学病院での褥瘡(床ずれ)を減らすべく活動しております。活動目標としては、褥瘡予防の正しい知識と技術、発生時の治療法、ケアの対策について全職員に啓発を行い、統一的な情報管理を行うべく活動しております。
現在の医療制度では、褥瘡対策がなされていることが入院基本料算定の条件であり、医療の質(quality indicator)として褥瘡発生率が注目されており、本委員会は病院において、非常に重要な役割を占めていることを認識してチーム全員が高い目標意識を有して日々活動しております。


主な活動内容

褥瘡回診第1、3金曜日の午前中に褥瘡回診を行っています。褥瘡発生数や発生リスクの高い患者さんの多い病棟を中心にまわっております。
褥瘡勉強会第4金曜日の午後4時〜5時まで褥瘡についての勉強会を実施しております。
褥瘡発生数、発生率の分析各病棟からの褥瘡発生数、発生率を算出・分析しております。
褥瘡対策マニュアル、
実践マニュアルの作成・改訂
当院の職員全員が褥瘡予防、発生時の治療法、ケアの対策についての正しい知識と技術を身につけることができるよう褥瘡対策マニュアルを実務委員会では作成しております。また、軽度の褥瘡に対してより実践的な薬剤の選択や対処法がすぐに参照できるように実践マニュアルを作成しております。

院内褥瘡発生率(平成18年~平成28年度)

褥瘡対策実務委員会の様子

集合写真

勉強会の様子