グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > ブレストセンター  > 乳房再建手術について(形成外科)

乳房再建手術について(形成外科)

*本院は乳房再建用エキスパンダー実施施設認定施設及び乳房再建用インプラント実施施設認定施設です

乳がんによって失われた乳房を新たに作る手術が乳房再建です。
健側の乳房の大きさ、体型、職業などの社会的因子などを考慮し再建方法を考えていきます。
実際の乳房再建について解説致します。


Ⅰ.乳房再建時期について

1、一期再建:乳房を切除するのと同時に乳房再建を行うことです
2、二期再建:乳房切除術を既に行っており、乳房が欠損している状態の場合に再建を行うことです
※ご自身に合う手術法を当院の再建の流れのフローチャートでご確認下さい。

Ⅱ.皮膚の切除方法について

皮膚の切除デザインは、乳房再建において、整容上に大きく関わる要素となります。
通常の乳房切除時の皮膚切開(図1)は乳輪乳頭を含め、紡錘状に皮膚を同時に切除します。
この場合は、大きな皮膚欠損を生じます。
当院では根治度はもちろんのこと、乳房再建の整容上にも配慮し、乳輪乳頭温存乳房切除術(nipple sparing mastectomy:図2)、皮膚温存乳房切除術(skin sparing mastectomy:図3)を行っています。

図1 通常の皮膚切開



図の説明

乳輪乳頭を含め紡錘状に赤線で囲った部分が皮膚切除範囲です。

この場合は紡錘状に皮膚の欠損が生じます。

図2、乳輪乳頭温存乳房切除術(nipple sparing mastectomy)の皮膚切開

乳輪乳頭を温存できる場合の切除方法です。

赤線の部分が皮膚切開線となります。

わきの下の側胸部に傷がくるため、前方から傷が見えにくくなります。

また、当院では術後の傷の引きつれなどが生じにくくなるなどの整容的目的でジグザグに切開する工夫を行っています。