グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > ブレストセンター

ブレストセンター

藤田保健衛生大学病院・ブレストセンターは、乳がん治療において質の高いチーム医療を実践することを目的に設置された組織です。

 当院は日本乳癌学会認定施設です。乳腺疾患に対して、最先端の検査と治療を行い、EBMと個別化治療を念頭に置き、全人的で世界標準の治療を提供するよう努めてまいりました。特に乳がんの治療においては、QOL(生活の質)を損なわず、治療成績を向上させることは重要な課題です。
 そのためには手術療法、放射線療法、薬物療法をひとりひとりの患者さんの状況に則して適切に行うことが重要です。手術療法に対して患者さんご自身が高い満足度を得るためには術後の乳房の整容性が極めて重要であると思われます。乳腺外科と形成外科との密接な協力により,乳房切除となるケースでは一期的に質の高い乳房再建術が可能となっております。
 乳腺センターの今後の取り組みと挑戦に、どうぞご注目ください。

                                 ブレストセンター長 乳腺外科教授 内海俊明


診療について

主な診療内容

1.早期及び進行再発乳がんの精査、加療
2.乳房良性疾患
3.乳房再建

診察の流れ

一次再建
 乳癌手術と同時に乳房再建を希望される方
 乳腺外科での診察 → 形成外科へ受診

二次再建
 直接形成外科へお問い合わせください。

スタッフ紹介

乳腺外科

教授内海 俊明(センター長)
助教小林 尚美(副センター長)
引地 理浩
牛窓 かおり

形成外科

教授井上 義一(副センター長)
助教大西 智子

外来診察予定表

各診療科の外来担当医を曜日別にご案内します。(別ウインドウで開きます)
※通院治療中の方で具合の悪い方は、外来までご連絡いただければご対応いたします。
 学会等のため担当医が不在の場合は、代診となることもありますのでご了承ください。
 他施設での乳がん検診で、異常を指摘され当院を受診される方は、検診時の画像と指摘された病変の評価用紙を
 ご持参ください。