グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




相談内容

肝炎ウイルスによる身体への影響や検査の必要性、日常生活の留意点、定期的な医療機関受診の必要性、インターフェロン療法についての疑問や不安、肝硬変や肝臓がんについての不安や悩み、肝疾患専門医療機関に関する情報提供など様々な内容において相談して頂けます。


今までにお問い合わせ頂きました内容の一例・・・ 

  • B型肝炎の医療給付について教えて欲しい
  • C型肝炎の遺伝子検査について教えて欲しい
  • インターフェロンの副作用について聞きたい
  • 肝臓の専門病院を教えて欲しい
  • 健診で肝機能が引っ掛かったんだけどどうしたらよいか教えて欲しい
  • 肝臓病において何に気を付けて生活したらよいか教えて欲しい
  • B型肝炎だけど、出産後の子供のことが心配
  • B型肝炎訴訟について教えて欲しい
  • 昨年B型肝炎の医療給付を申請したんだけど、更新はいつすればいいか

よくある質問

Q. C型肝炎完治後、線維化した肝臓の状態は正常にもどるのでしょうか?
戻るとしたらどの程度の年数が必要でしょうか?
完治後、肝細胞がんの発生の可能性はどの程度の確率でしょうか?

A.肝線維化の程度は正常の状態を”0”とし、肝硬変の”4”まで5段階で表します。個人差がありますが、自然経過では年間0.1のスピードで線維化が進行します。完治すると0.28/年のスピードで改善します。したがって肝硬変の患者様では14.3年で線維化”0”の状態に戻ると考えられます。
このように完治しても慢性肝炎の状態から、すぐ元の状態に戻るわけではないので、完治後に肝細胞癌発生の可能性が全くなくなるわけではありません。しかし5年で1.4%と、治療しなかった場合の4.8%に比べてかなり低下します。

愛知県内の肝疾患専門医療機関


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。