グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 医療連携福祉相談部  > 肝疾患相談室  > 肝臓病について

肝臓病について

肝臓病とは・・・

肝臓病とは、ウイルス、生活習慣、薬物などさまざまな原因により肝臓に障害が起こる病気です。日本人に圧倒的に多いのはウイルスによる肝炎(ウイルス性肝炎)です。中でもB型肝炎やC型肝炎は肝がんの主な原因となっています。


種類病名
肝炎ウイルスA型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎
自己免疫異常自己免疫性肝炎 原発性胆汁性肝硬変
アルコールアルコール性肝疾患
アルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎、
アルコール性肝硬変
肥満・糖尿病非アルコール性脂肪性肝障害(NAFLD)
単純脂肪肝、
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)
その他薬剤性肝炎
代謝に関する肝臓病(ウイルソン病など)