グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 乳腺外科

乳腺外科

本院は日本乳癌学会認定の乳腺専門施設です。

私たち乳腺外科は日本乳癌学会認定の専門医を中心に構成されており、検診マンモグラフィ読影の認定や超音波講習会終了などの実績を積んでいます。乳がんを中心とした乳腺の病気に対し、最先端の検査と治療を行っています。


当科の特徴

1. 乳房の症状にあわせた診療を行なっています。

乳腺の病気を中心に診療を行なっています。乳房に関しての症状やお悩みをお持ちの方や乳癌検診で精密検査が必要とされた方を対象に精密検査を行います。乳がんと診断された場合には、出来るだけ体にやさしく、かつ効果的な治療をお薦めします。手術は乳房温存療法が原則ですが、がんの拡がりが広い場合は乳房切除となります。ただし、シコリが大きく温存手術が不可能な場合でも、患者さんの希望により抗がん剤やホルモン剤などでシコリを小さくしてから温存手術をする場合もあります。形成外科による美容的に美しい乳房再建も可能です。乳癌術後の後遺症として腕のむくみ(リンパ浮腫)がありますが、センチネルリンパ節生検法と呼ばれる方法を行なえばリンパ浮腫の予防が可能です。また、乳癌を治すために補助療法と呼ばれる追加の治療を個々の患者さんに即して行ないます。

2. 乳がんの手術は短期間の入院で可能です。

乳がんの手術を受けられる場合、全身麻酔の準備で手術の2日前に入院していただきます。手術のあとは、3日程度でも退院は可能ですが、手術内容によっては1週間から2週間程度になることもあります。

3. セカンドオピニオンを受け付けます。

ご希望があれば他院で治療を受けている患者さんの為に、セカンドオピニオンを受け付けます。

4. 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)について

当院では遺伝性疾患について、遺伝カウンセラーによるカウンセリングが受けられます。
最近アンジェリーナ・ジョリーさんをはじめとする遺伝性乳がんの話題も多く、日本人の遺伝性乳がんも少なくないことを受け、乳がんと診断され手術等治療目的で入院された方を主体として、遺伝性乳がんのスクリーニング(任意)を行っています。
遺伝カウンセリング室と連携し、総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門(http://info.fujita-hu.ac.jp/~genome/mg/index.html)の大学院生が詳細に家族歴をお聞きし、可能性の高い方にはカウンセリングをお勧めしています。

スタッフ紹介

教授内海 俊明
助教小林 尚美
引地 理浩
牛窓 かおり

教授紹介

“乳がん”の正しい情報と正確な治療を提供します

内海 俊明 教授

Toshiaki Utsumi

専門・実績

日本外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会専門医・評議員など日本乳癌学会奨励賞・刀林賞受賞

乳腺疾患を専門に診療しています。現在では広く普及している乳がんに対する乳房温存療法も平成2年より開始(当時、日本でおこなわれている乳がんの手術のうち温存療法が施行されたのは10%前後でした)し、平成17年からはセンチネルリンパ節生検を導入し腋窩リンパ節廓清の省略も行なっています。また、薬物治療は手術と同様に重要であり、将来につながる乳がん治療の開発も行い、世界に向けて発信しています。

セールスポイント

“自分だったらどうして欲しいか?”をモットーに診療、治療にたずさわっています。患者さんにはいくつかの治療法についてその成績、メリット、デメリットなどを説明し、患者さんが望む治療法を選択していただき、納得のうえで治療を行うことに心がけています。

手術数(2014年度)

乳癌
  • 乳房部分切除術
  • 乳房切除術
  • センチネルリンパ節生検

92件
91件(乳房一次再建術 14件)
151件
その他の疾患
  • 乳管区域切除術
  • 乳腺腫瘤摘出術
  • リンパ節摘出術

5件
40件
8件

治療成績

乳癌2007年以降 乳房温存手術 61%以上
904例の乳癌の5年生存率ステージ0 100%、Ⅰ 97.9%、ⅡA 93.3%、ⅡB 85.9%、ⅢA 53.3%、ⅢB 62%

藤田保健衛生大学病院 ブレストセンターについて

藤田保健衛生大学病院 ブレストセンターホームページ

東海地方で初めて設置された「藤田保健衛生大学病院 ブレストセンター」です。当院のブレストセンターは、乳がん治療において質の高いチーム医療を実践することを目的に設置された組織です。
乳腺外科と形成外科の2科が協力して治療にあたっております。

ホームページへは下記リンクよりご参照ください。
ブレストセンター特設サイトはこちら

臨床研究実施についてのお知らせ

研究課題

乳癌のBiology(ER、PgR、HER2、Ki-67)に関する後向き観察研究

研究責任者

藤田保健衛生大学 乳腺外科 教授 内海俊明

研究目的

乳癌の予後や治療の反応性に関わるBiologyについて検討します。

研究方法

近年、日本では乳癌に罹患する女性が増加傾向にある中、個別化療法が進み生存期間は延長しております。そこで、藤田保健衛生大学で乳癌の治療が行われた患者さんや通院された患者さんを対象に電子カルテの記録情報を用いて、乳癌のそれぞれのBiologyについて検討します。この研究では、電子カルテの記録情報(診療情報)を使用しますが、患者さん特定できる情報(氏名・住所・ID番号など)を削除した状態で抽出しますので、個人の特定はできません。本研究の目的以外の利用目的はありません。また、研究成果は学会や論文として発表されますが、その際にも患者さんを特定できるような内容を含むことは一切ありません。
この研究成果により、将来の乳癌診療に貢献できると考えています。

研究計画書及び研究の方法に関する資料を入手又は閲覧の方法

研究のより詳しい内容をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報保護やこの研究の独創性確保に支障がない範囲で、資料を閲覧していただくことが可能です。希望される場合は、担当研究者にお申し出下さい。

開示等の求めに応じる手続

この研究においては、研究対象者が識別される保有する個人情報はありませんので、保有する個人情報についての開示は行っておりません。診療記録の開示としては開示を希望される方は総務課にお申し出下さい。なお、診療記録の開示には、情報公開法の定めにより手数料が必要となります。

研究対象者等及びその関係者からの相談等への対応に関する情報

※本研究の対象になられる方で、ご自身のデータの利用を除外してほしいと希望される方は、下記問い合わせ先までご連絡下さい。除外のお申し出により不利益を被ることは一切ありません。

この研究に関するお問い合わせ先

藤田保健衛生大学病院 乳腺外科
担当者:牛窓 かおり
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
電話 0562-93-2147