グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 心臓血管外科

心臓血管外科

私たち心臓血管外科は、虚血性心疾患(冠動脈バイパス、左室瘤手術等)、弁膜症(弁形成、弁置換、MICS手術)、重症心不全、大血管(ステントグラフト、人工血管置換術)、先天性心疾患、末梢血管(バイパス手術、ステント治療)、静脈瘤(レーザー治療等)などに対する外科治療を行っております。また、症例が増加し診療の専門性が増すのに伴い、担当を複数のチームに分担して高度の医療を行うように努めています。さらに、研修医や外科専門医を目指す後期研修医に対する教育も積極的に行っております。


スタッフ紹介

教授高木 靖
渡邊 孝(客員教授)
准教授小林 昌義
講師石田 理子
佐藤 俊充
助教石川 寛
樋口 義郎
天野 健太郎
櫻井 祐補
小林 明裕
野田 美香
秋田 淳年
助手林 亮佑
非常勤髙味 良行(医療科学部教授)
西村 善幸(客員助教)

教授紹介

心臓血管外科領域における良好な治療成績を維持し、
患者さんにやさしい医療を目指します。

高木 靖 教授

Yasushi Takagi

専門・実績

専門は心臓血管外科(虚血性心疾患、心臓弁膜症、大動脈疾患)。心臓血管外科専門医。日本外科学会専医。日本胸部外科学会指導医。
当施設は、年間約350例の心臓大血管手術、150例の末梢血管外科手術を施行し、成績は良好です。大動脈瘤に対するステントグラフト、僧帽弁・大動脈弁のMICS手術などの低侵襲手術も行っており、症例数も増加しております。また、循環器内科との合同のハートチームがTAVI(経皮的大動脈弁置換術)を行っており、症例数も増加してきています。

セールスポイント

1000件以上の冠動脈バイパス手術を自ら執刀し、心拍動下手術を含め成績も良好です。また、僧帽弁・大動脈弁形成手術、胸部大動脈瘤手術にも良好な成績をあげており、現在はさらなる手術の低侵襲化に取り組んでおります。

臨床研究実施についてのお知らせ