グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 救急総合内科

救急総合内科

当科は「特定の臓器に偏った診療ではなく、患者中心の“全人的”な医療を実践する」という理念に基づき、症状や病気によって差別せずに診療を行います。問題解決にあたり、evidence-basedであることに心掛け、専門医やほかの医療職との連携も良好にして最善の診療をめざすことが重要と考えています。
外来診療では救急室と内科初診外来を担当し、初期診療や適切な医療への方向付けを中心に行っています。入院診療では、救急室に搬送される重症内科疾患、臓器別に細分化された診療科では診療が困難な複数の問題を持つ症例や診断の確定していない症例を中心に診療を行っています。
また、研修医や若手医師の臨床教育も重要な任務です。将来の専門性にとらわれないプライマリ・ケア医としての基本が修得できるように臨床教育を進めています。


このページの目次


スタッフ紹介

教授岩田 充永
病院教授植西 憲達
准教授寺澤 晃彦
助教平嶋 竜太郎
都築 誠一郎
神宮司 成弘
小川 広晃
日比野 将也
田中 玲人
新垣 大智
藤井 健一郎
笹木 晋
相場 美穂
篠原 潤
大竹 弘隆
坂崎 多佳夫
湯川 貴史
中島 理之
岩田 仁志(第2教育病院)
峯澤 奈見子
松清 有美香
久保 武志
竹内 元規
吉岡 亜以子
助手瀬川 悠史
塚本 亮介
丹羽 俊輔
山際 暁子
坂口 紀子
長澤 恭平
花井 翔悟
安藤 綾

教授紹介

“心肺停止”から“心配呈し”まで、眼前の患者さんの力になりたい

岩田 充永 教授

Mitsunaga Iwata

専門・実績

救急医学、総合内科、高齢者医療
これまで、「医師として、どうしたら困っている患者さんの役に立つことができるだろうか?」と考えながら、救急、内科、老年医学の現場で働いてきました。
医師を志した初心を決して忘れさせないERや総合内科という場所をとても気に入っています

セールスポイント

ER、総合内科病棟・外来、集中治療室など“ジェネラリスト”が活躍する場面は様々です。
私たちは内科医あるいは救急医として、どのような場面でも眼前の患者さんの力になれるように研鑽を積んでいます。


植西 憲達 教授

Uenishi Norimichi

専門・実績

日本集中治療医学会専門医
総合内科専門医

セールスポイント

救急から入院となった重症の患者の治療と若い医師の教育が私の重要な任務です。
私の勤務する救命ICU(集中治療室)という場所には内科、外科問わず様々な重症患者が入院してきますが、この場所は高い診断能力と治療技術を必要とする場所であり、重症の患者の回復を絶対的な目標として、緊張感とともにやりがいをもって優秀なスタッフとともに仕事をしています。

科学的で温かいまなざし、高齢者医療

浅井 幹一 教授

Kanichi Asai

専門・実績

地域医療学、老年医学、総合診療内科
在宅医療、高齢者医療とエンドオブライフケア
平成24年度から連携地域医療学寄附講座が設置され、豊田市とその周辺の地域医療の推進にも携わることになりました。また、平成27年度から藤田保健衛生大学 総合診療・家庭医療プログラムが始まり、後期研修医の指導にもあたっています。
院内においては救急総合内科で外来診療にあたり、学生や研修医を指導しています。疾患ばかりでなく、患者さんの生活歴や家族のつながりにも配慮した、きめ細やかな高齢者医療を行いたいと思っています。

セールスポイント

科学的な視点と温かいまなざしをもった高齢者医療。