グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 脳卒中科

脳卒中科

 脳卒中は、本邦の死亡原因第4位、要介護原因疾患第1位を占める国民病です。脳卒中を来す脳血管の疾患である脳血管障害には、脳梗塞や一過性脳虚血発作などの虚血性脳血管障害と,脳出血やクモ膜下出血などの出血性脳血管障害があります。脳卒中科では、最良内科治療、脳血管外科手術、脳血管内治療の的確な組み合わせによる包括的脳卒中診療を行い、脳卒中からの生還、脳卒中の撲滅を目指しています。


このページの目次


スタッフ紹介

教授中原 一郎
講師小田 淳平
我那覇 司
助教長谷部 朗子
鈴木 健也
大見 達夫
渡邉 定克

教授紹介

包括的な脳卒中診療を目指しています
中原 一郎 教授

Nakahara Ichiro

専門・実績

専門分野脳卒中、脳血管障害の内科および外科治療が専門です。脳動脈瘤、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻などの出血性脳血管障害、頚動脈狭窄症、頭蓋内動脈狭窄・閉塞、もやもや病などの虚血性脳血管障害に対する内科的治療、直達手術(開頭手術などの切開手術)、脳血管内治療(カテーテルを用いる治療)を担当しています。
資格日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本脳卒中外科学会技術指導医、日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医

セールスポイント

 内科治療では、生活習慣病や循環器疾患について関連診療科と協力しながら最良な治療を提供しています。外科治療では、直達手術、脳血管内治療ともに国内屈指の症例経験をもとに、安全かつ確実な治療を目指しています。直達手術は、頭蓋内外血行再建、3D multifusion imagingを用いた術前シミュレーション、術中蛍光血管造影、脳機能モニタリングなどを駆使した安全な外科治療を心がけています。脳血管内治療は東海地区随一の治療実績を有し、フローダイバーターなどの術者限定の最先端デバイスによる治療を含めた最新治療を行っています。