グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 整形外科

整形外科

整形外科は全身の運動器を扱う対象の広い診療科です。
当整形外科では特定機能病院として求められる高度な医療を限られた患者さんに実施するだけでなく、地域の要望に応じて骨折や外傷などの一般整形の患者さんにも積極的に対応しています。
そのため、各領域の専門家をそろえて診療にあたっております。患者さんが気軽に専門家に相談し、一人一人の病状に一番適した無理のない診療を受けられるよう努力しております。


スタッフ紹介

教授山田 治基
鈴木 克侍
准教授辻 崇
早川 和恵
森田 充浩
講師田中 徹
志津 直行
志津 香苗
伊達 秀樹
石村 大輔
高橋 洋平
助教加藤 誠
池田 大樹
大石 央代
下山 哲生
黒岩 宇
野尻 翔
木村 稚佳子
丘 雄介
長谷川 正樹
船橋 拓哉
志貴 史絵
助手武田 太樹
佐藤 圭悟
永井 聡太

教授紹介

関節・リウマチ疾患のスーパープロ

山田 治基 教授

Harumoto Yamada

専門・実績

股関節外科、リウマチ性疾患の手術を専門としています。関節疾患の病態を的確に評価した上での治療を最大の方針として、骨盤骨切り術、人工股関節置換術などを積極的に行っています。特に人工股関節については、大学病院として屈指の症例数を有していますが、高齢者であっても自己血輸血を積極的に行い、同種血輸血なしでほとんどの症例に対処しております。本院における人工股関節の術後成績は極めて安定していますが、やはり経年的に摩耗などが原因となり、再手術が必要となる症例には、愛知骨銀行から供給される同種骨を利用した骨移植を行い、機能再建に大きな効果を得ております。

セールスポイント

現代の整形外科は脊椎、関節、腫瘍、手の外科など全身の運動器の疾患を幅広く扱うため、高度な専門性が要求される診療科です。藤田保健衛生大学整形外科では、これらの分野に関する有数の人材を揃え、一人一人の患者さんの病状に合わせたトップレベルの治療を、その道の専門家が実地に担当する診療を行っています。


鈴木 克侍 教授

Katsuji Suzuki

専門・実績

専門分野:手外科,上肢外科,微小血管外科,再建外科,骨折治療,リウマチ外科

専門医:日本整形外科学会専門医,日本整形外科学会リウマチ認定医,日本整形外科学会スポーツ認定医,日本リウマチ学会専門医,日本リウマチ財団登録医,日本医師会認定産業医,日本手外科学会専門医

学会・役職:日本手外科学会:代議員・専門医試験委員長,日本マイクロサージャリー学会:評議員・広報委員,日本肘関節学会:評議員,日本骨折治療学会:評議員・編集委員,中部日本整形外科災害外科学会:評議員,整形外科バイオマテリアル研究会:理事,中部日本手外科研究会:運営委員,東海手外科研究会:世話人,東海マイクロサージャリー研究会:世話人,東海ショルダー&エルボーミーティング:世話人,東海整形外科外傷研究会:常任理事.国際国際学会: International Federation of Societies for Surgery of the Hand,

セールスポイント

私が専門にしている手外科、上肢外科は肩甲帯、肩関節から上腕、肘関節、前腕、手関節、手指を扱う運動器外科です。「手は第二の脳」といわれておりヒトが人間として生活する上で非常に大切な運動器官です。私は手、上肢を「第二の脳」として肩甲帯から手指まで一貫して一つの運動器として診察、治療しています。そのなかには、骨、関節、神経、血管、筋、腱、皮膚など多くの組織が存在し、これらをマクロから数百ミクロンの大きさまで顕微鏡視下に治療しています。この方針にのっとり、患者さんの上肢、手が最も効率よく動くように治療しています。医師歴36年で手外科、上肢外科の手術はおよそ8000件行っています。腕神経叢麻痺で麻痺した神経、筋の手術を受けた患者さんと、リウマチで破壊された関節や断裂した腱の手術を受けた患者さんが、術後の機能改善を喜んで、私を囲む会を開催して下さっています。

手術件数(2016年)

人工股関節置換術(THA)141
人工膝関節置換術(TKA)100
椎間板ヘルニア摘出術27
椎弓切除術20
脊柱側彎症手術8
椎弓形成術75
脊椎前方固定術25
脊椎後方または後方椎体間固定術97
人工骨頭置換術37
橈骨下端骨折に対する観血的整復固定術24
人工肘関節置換術12
人工指関節置換術6