グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 病理部/病理診断科

病理部/病理診断科

病理部/病理診断科は特定機能病院の病理診断部門として、迅速かつ正確な病理診断に日夜取り組んでいます。セカンドオピニオンにも柔軟に対応し、またコンサルテーションネットワークも充実させています。

臨床各科へのサービスにも最大限の配慮を心がけ、クリニカルクラークシップの学部学生や研修医にも“現場での教育”をモットーに力を入れています。
標本作製は臨床検査部から派遣された臨床検査技師8名が担当しており、5名が細胞検査士の資格を所持しています。診断は病理診断科Ⅰの8名の常勤医と、医療科学部の教授1名および病理診断科Ⅰの客員教授1名の非常勤医2名を加えた10名で実施されています。


このページの目次


スタッフ紹介

教授塚本 徹哉
黒田 誠
准教授浦野 誠
講師山田 勢至
酒井 康弘
助教桒原 一彦
櫻井 浩平
岡部 麻子
中川 満
田原 沙佑美
磯村 まどか
助手島 寛太

教授紹介

「適切な治療に結びつく病理診断を」

塚本 徹哉 教授

Tetsuya Tsukamoto

専門・実績

【専門分野】外科病理学、腫瘍病理学、消化器病理学、分子病理学、実験病理学
【所属学会、専門医等】日本病理学会専門医・評議員・研修指導医、日本臨床細胞学会専門医・評議員、日本毒性病理学会評議員・教育委員、日本消化器癌発生学会評議員、American Association for Cancer Research, active member
【その他社会貢献】内閣府食品安全委員会添加物専門調査会専門委員、香料ワーキンググループメンバー

セールスポイント

病理診断部門には12名の病理医が従事しています。7名が病理専門医の資格を有しており、それぞれの専門性を活かして、幅広い病理診断の分野に対応しています。また、近年、長足の進歩と遂げているがんゲノム医療にも貢献し、臨床部門との十分なコミュニケーションを取りつつ総合的かつ正確な診断を行って、適切な治療に結びつく病理診断を心がけています。

「正確な病理診断」

黒田 誠 特命教授

Makoto Kuroda

専門・実績

病理診断学(外科病理学全般)
日本病理学会監事

セールスポイント

本院は病理診断部門に専任病理医が7名従事しております。正確な病理診断をモットーとしており、診断困難例は充実したコンサルテーションネットワークを有しており万全を期しています。