グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 小児科

小児科

アレルギー疾患、免疫不全、膠原病(小児リウマチなど)、腎臓の病気、感染症、予防接種、未熟児・新生児疾患、心臓疾患などを得意としていますが、一般的な病気、保護者のいろいろな悩み、相談事にも熱心に対応しています。患児、保護者への親切な対応を心がけ、迅速な診断、効果的な治療を目指しています。
診療と共に教育、研究にも力を入れており、地域はもとより全国の実地医家、勤務医からも注目されています。


スタッフ紹介

教授吉川 哲史
柘植 郁哉
伊藤 哲哉
准教授宮田 昌史
工藤 寿子
池住 洋平
講師中島 陽一
石原 尚子
中島 葉子
田中 真己人
帽田 仁子
助教松本 祐嗣
小島 有紗
三宅 未紗
三浦 浩樹
川井 学
服部 文彦
川井 有里
近藤 朋実
眞鍋 正彦
横井 克幸
船戸 悠介
小澤 慶
大久保 悠里子
助手奥村 早希

教授紹介

こころの通った小児医療を目指します

吉川 哲史 教授

Tetsushi Yoshikawa

専門・実績

専門小児ウイルス感染症、予防接種、小児神経感染症、小児疾患全般
実績小児感染症の新規診断・治療法開発、予防接種の効果・安全性評価
臨床では、小児疾患全般、血液疾患、そして特に小児感染症を中心に診療してきました。

セールスポイント

問診、身体診察を基本に、なるべく少ない検査で患者さんの病気を診断・治療できるよう心がけています。また、常に新しい発見を追い求めることが、患者さんのより良い診療につながると考えて精進しています。

先端医療を人に優しく

柘植 郁哉 教授

Ikuya Tsuge

専門・実績

小児科学、特に臨床免疫学。
本来、ヒトの体には免疫の仕組みが備わっていて、病原体の侵入から体を守ってくれるはずなのですが、生まれつき働きが十分でなく感染を繰り返したり(免疫不全症)、逆に、戦わなくてもよい無害なアレルゲンや自分自身に、過剰に反応してしまう場合(アレルギーやリウマチなど)があります。こうした免疫が原因でおこる病気を中心に、様々な小児の疾患の診療・研究をおこなっています。
小児科専門医のほか、アレルギー専門医、リウマチ専門医、臨床遺伝専門医の資格を取得しています。

セールスポイント

医学部で研究室を運営できる大学付属病院の利点を生かし、また、本学医学部アレルギー疾患対策医療学講座や総合医科学研究所分子遺伝学研究部門と連携して、実施診療の中で生まれた課題を基礎的に検討するとともに、華々しい基礎医学の進歩を実地診療に生かすことをモットーにしています。


伊藤 哲哉 教授

Tetsuya Ito

専門・実績

小児科学、先天代謝異常症 

フェニルケトン尿症、メープルシロップ尿症、ホモシスチン尿症、ガラクトース血症、有機酸代謝異常症、脂肪酸代謝異常症など、新生児マススクリーニングで発見される疾患や、高アンモニア血症、糖原病、ライソゾーム病、ウイルソン病などの先天代謝異常症を専門的に診療しています。

セールスポイント

先天代謝異常症は、それぞれの疾患は非常にめずらしいものが多いのですが、疾患の種類が多様であり、また近年では新生児マススクリーニングにより無症状の状態でも発見されるため、全体的に見れば決して稀な病気ではありません。
私どもは県下唯一の先天代謝異常外来を常設し、上記の患者さんの診療にあたっております。

検査数

成長ホルモン負荷試験(15名)、食物負荷試験(245名)、心エコー検査(413件)、腎生検(34名)。

新生児マススクリーニング検査導入のお知らせ(重症複合免疫不全症とポンペ病)

平成29年4月から当院では、この2疾患に対するスクリーニング検査が実施できることになりました。
通常の公費で行う新生児マススクリーニングの採血時に、少しだけ 多めに(0.05ml)採血するだけで検査可能です。
この検査で元気に育つ赤ちゃんが一人でも多くなることを願っております。ぜひご検討ください。
ご質問があれば、お気軽に助産師までお問い合わせ下さい。

ポンペ病

筋肉内に糖分が蓄積して筋力が弱まり、運動障害や呼吸不全などをおこす先天性の病気です。重症の乳児型の場合、症状が出てから治療を始めても、自分で歩けるようになるのは約40%で、約50%のお子さんが呼吸が弱くて人工呼吸器が必要となり、約35%の患者さんは5年後までに亡くなってしまいます。

重症複合免疫不全症

生まれつきの免疫の異常により、病原体から体を守ることができず、感染症を繰り返す先天性の病気です。血液中の免疫にかかわる細胞であるTリンパ球がほとんどなく、侵入してきた病原体に対する抗体を作るBリンパ球も機能しないので、乳児期早期から肺炎、胃腸炎などの感染症を繰り返します。その結果として乳児は正常な成長と発達ができませんし、さらに本来であれば病気を予防する為の生ワクチンを投与すると重篤な副反応を生じることもありますので、適切な治療を受けないと1歳までに感染症で亡くなっていしまいます。