グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 形成外科

形成外科

形成外科は直接命にかかわることの少ない診療科ですが、人の外見を左右するような病気や怪我の治療を通じて、その人の人生に深くかかわります。「形成外科は心の外科」であると考えています。

また、どんなことでも頼まれれば「できない」とは言わないことをモットーとしており、どうしたら患者さんの現状を改善できるかをみんなの知恵でよく考え、方針を決定しています。


スタッフ紹介

教授奥本 隆行
准教授井上 義一
講師近藤 俊
助教大西 智子
佐野 祥美
宮嶋 尊則
杉浦 謙介
山内 真紀子
犬飼 麻妃
助手根木 見聡
森川 脩介

教授紹介

奥本 隆行 教授
Takayuki Okumoto

専門・実績

日本形成外科学会専門医、日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医、日本頭蓋顎顔面外科学会専門医、日本創傷外科学会専門医。
形成外科で扱う疾患すべてに対応することが可能です。とくに頭蓋顎顔面外科と再建外科を専門としています。頭蓋顎顔面外科とは頭蓋顎顔面領域の先天的あるいは後天的変形に対して機能的,整容的形成術を行うものであり,この領域において全国的にも指導的立場にあって、中部地区の広い範囲から多くの紹介患者を受け入れています。口唇口蓋裂をはじめとする顔面先天異常や顎変形症などに関して国内有数の症例数を誇ります。また再建外科では外科系全科と強く連携し、広範囲悪性腫瘍拡大切除後の機能的整容的再建術や、重篤な基礎疾患により治療困難な術後合併症患者の創傷管理などに対して積極的に介入しています。直接患者さんの命を救う医療ではありませんが、患者さんのQOLを高めて生きていて良かったと思ってもらえるような医療を心がけております。

セールスポイント

院内各科との連携はもちろんのこと、高い専門性を必要とする治療の難しい患者さんに関しては、愛知県のみならず、岐阜、三重、滋賀、静岡、さらに遠方の施設からも多数のご紹介いただいております。豊富な経験と確かな技術に加えて細やかな診療を心がけることで良好な治療成績を上げています。

主な疾患別手術件数(2015年)

中央手術室で行う主なもの

唇裂・口蓋裂138件
瘢痕拘縮形成術8件
乳房再建術47件
顔面骨骨折観血的整復術を含む外傷(頬骨、上顎骨、眼窩、および多発骨折を含む)42件
悪性腫瘍及びそれに関連する再建27件
四肢の先天異常10件
小耳症手術14件
漏斗胸手術(Nuss法による胸骨挙上術)7件
皮膚・皮下腫瘍切除術(露出部、非露出部を含む)

良性腫瘍切除(上段)

悪性腫瘍切除(下段)
21件
10件
頭蓋顎変形症手術(頭蓋骨、上下顎骨に対する骨切り、骨延長術) 43件
美容外科5件
その他(眼瞼下垂症などを含む)7件

形成外科外来手術室で行う主なもの

皮膚・皮下腫瘍切除術(露出部・非露出部を含む)166件
外傷に対する緊急創傷処理(縫合) ※時間外を除く37件
美容外科12件
その他(眼瞼下垂症手術を含む)35件

外来で行うあざのレーザー治療:複数回照射を含むのべ件数

あざ(単純性血管腫、太田母斑、扁平母斑)                145件

主な治療成績

形成外科の治療成績は、患者さんの主観的判断が必要なため、数値に表せません。
また、先天異常の術後形態は成長により変化する可能性があり、成人に達してから患者さん自身の評価を受けることになると思います。現時点では、患者さんの期待にこたえられなかったものがいくらかはあるものと考えていますが、多くの患者さんには手術結果に満足していただいております。

美容外科(相談)外来について

内容・美容形成外科手術一般についての相談
・合併症についての相談
場所形成外科外来
曜日(第1,3,5)隔週月曜日
時間適宜変更がありますので、お電話にてご確認ください
お問い合わせ先(0562)93-2193  形成外科外来
お問い合わせ時間9時~16時【平日のみ】

※完全予約制となっております。お電話で御予約を取ってからお越しください。
※ブレストセンター外来:月・水・金

藤田保健衛生大学病院 ブレストセンターについて

藤田保健衛生大学病院 ブレストセンターホームページ

東海地方で初めて設置された「藤田保健衛生大学病院 ブレストセンター」です。当院のブレストセンターは、乳がん治療において質の高いチーム医療を実践することを目的に設置された組織です。
乳腺外科と形成外科の2科が協力して治療にあたっております。

ホームページへは下記リンクよりご参照ください。
ブレストセンター特設サイトはこちら