グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 呼吸器内科・アレルギー科

呼吸器内科・アレルギー科

病院定礎壁に刻まれた「われら弱き人びとへの無限の同情心をもて、片時も自己に驕ることなく医を行なわん」を実践します。

肺癌、肺線維症、慢性閉塞性肺疾患など徐々に進行する予後不良の疾患が多いため、急性期疾患の診断・治療だけでなく、患者さまのご家族にまで配慮した終末期医療を行います。


スタッフ紹介

教授今泉 和良
近藤 征史
講師中西 亨
林 正道
磯谷 澄都
後藤 康洋
助教魚津 桜子
三重野 ゆうき
岡村 拓哉
榊原 洋介
峯澤 智之
森川 紗也子
山蔦 久美子
丹羽 義和
後藤 祐介
堀口 智也
相馬 智英
渡邊 俊和
赤尾 謙
助手井上 敬浩
前田 真吾
伊奈 拓摩

教授紹介

全ての患者さんに寄り添って正確な診断と最適の治療を

今泉 和良 教授

Kazuyoshi Imaizumi

専門・実績

日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会指導医、日本アレルギー学会専門医、
日本呼吸器内視鏡学会指導医、日本肺癌学会評議員、日本癌治療認定医機構癌治療認定医
日本結核病学会 結核抗酸菌症認定医
International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC) member
American Thoracic Society member
World Association for Bronchology and Interventional Pulmonology menber
American Colleagues of Chest Physicians FCCP
European Respiratory Society Member

セールスポイント

難治性呼吸器疾患である肺癌と間質性肺炎(肺線維症)の診療と研究、および呼吸器内視鏡による肺癌診断と治療には十分な実績をもっています。
アレルギー疾患についても難治性喘息、アスピリン喘息を中心に多くの症例経験をもとに診療研究をすすめております。
肺癌診療は診断から治療まで切れ目ない診療が可能であり、他院で治療できない合併症の多い患者さんや高齢の患者さんでも積極的に受け入れています。
当院の呼吸器内視鏡技術は全国でもトップレベルにあり、苦痛が少なくきわめて高い診断率を実現しております。内視鏡による診断のみならず肺癌の治療、気管支喘息の治療など幅広い応用を進めています。

 

近藤 征史 教授

Masashi Kondo

専門・実績

呼吸器内科、特に肺癌を中心とした胸部悪性腫瘍の診療並びに臨床研究に従事しています。内科一般診療に関しては、総合内科学会専門医を、呼吸器内科の診療に関しては、日本呼吸器学会の専門医と指導医、日本アレルギー学会の専門医と指導医を有しています。癌診療に関しては、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医を有しています。現在は、呼吸器内科化学療法外来を担当して、毎回、15名程度の患者さんの抗がん剤の投与、副作用のマネージメント、治療方針の決定を行っています。また、肺癌に関連する臨床研究の成果を、国際学会、英文論文に発表しています。

セールスポイント

肺癌診療は、癌特異的な遺伝子異常をターゲットした分子標的薬、腫瘍免疫を活性化するcheck point 阻害剤などの新しい作用機序を有する薬剤が開発され、毎年複数の薬剤が承認され、日常臨床に使用されています。さらに、種々の薬剤の組み合わせることにより新規の併用療法も開発されています。また、治療方針の決定には、肺癌の組織型のみではなく、種々の遺伝子異常、腫瘍免疫に関連する分子の発現を検討する必要があります。肺癌の診断、治療は、日々進歩しており、ガイドラインの改定も、毎年実施されています。このような、進歩著しい肺癌治療において、私は、多くの企業治験(薬剤開発)、臨床試験、ガイドラインの作成に携わった経験を生かして、ガイドラインなどの背景となる重要な臨床試験の意味を理解し、個々の患者さんの最適な治療方針と提案して、安全かつ適切に抗がん剤治療を実施します。





肺癌化学療法専門外来

肺癌に対する抗癌剤投与では外来治療も積極的に取り組んでいます。外来治療に適した抗癌剤投与法で日常生活を送りながらの癌治療を目指します。

苦痛が少ない最先端の呼吸器内視鏡技術(気管支カメラ)

従来、大変苦痛の強かった気管支カメラですが当科では患者さんの苦痛を軽減しかつ安全な鎮静法を開発、施行しています。また超音波を用いた診断システムを用いて他院で診断が難しい検査や処置の必要な患者さんを積極的に受け入れています。

肺癌キャンサーボード

当科では全ての肺癌患者さんの治療方針は呼吸器内科、外科と腫瘍内科による合同検討会により決定されます。患者さん一人一人に最適な治療を多くの目でチェックすることで安全で質の高い肺癌治療を提供できます。

睡眠時無呼吸症候群専門外来

大学病院としては全国トップレベルの患者数を有する睡眠時無呼吸をはじめ呼吸異常に対する専門外来です。睡眠学会専門医が検査から治療までを行います。

間質性肺炎の臨床、病理、放射線連携診断

診断、治療の最も難しい疾患の1つである間質性肺炎については多施設共同の診断連携を行っており正確な診断と最適な治療を行っています。
当院では、ご高齢の方の間質性肺炎の相談、内視鏡を用いた侵襲の少ない間質性肺炎診断にも積極的に取り組んでおります。

平成28年度 主な検査件数

呼吸器内視鏡(気管支鏡、胸腔鏡)件数613件
終夜睡眠ポリグラフ試験440件
気道過敏性検査58件
アスピリン喘息診断検査18件

主要疾患治療成績(平成28年度)

肺癌入院患者数(のべ)832名
うち 一次治療患者数(重複なし)284名