グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 放射線科  > 放射線腫瘍科

放射線腫瘍科

概要
我々の施設での放射線治療は、常勤の放射線治療専門医、放射線治療専門技師、医学物理士と放射線治療専任看護師が治療にあたります。一般的な放射線治療に加えて、2016年4月より、2台の最新鋭の高精度放射線治療装置(ノバリスTx、トゥルービーム)で、頭部および肺癌など体幹部定位放射線治療(ピンポイント照射)、前立腺がんおよび頭頚部がんなどに対する強度変調放射線治療(IMRT照射)をミリ単位の位置合わせが可能な画像誘導放射線治療(IGRT)で行っています。また、外部照射治療だけでなく、子宮頚がんや前立腺がんに対する小線源治療も行っています。近年、がん治療法として放射線治療の進歩は著しく、手術と同等の治療成績も得られるようになってきました。また手術と比較して侵襲性も少なく手術不能な患者さんや高齢者に対してもやさしい治療です。がん集学的治療の柱として、化学療法や外科手術とともにがん治療効果がより改善できるよう、各専門家とチ-ム医療を実践しています。また当院は愛知県下でも有数の照射患者数があり、日本放射線腫瘍学会認定施設(A)です。また、患者さんの病態のみならず、個々の希望に沿うようきめ細かな診療を心掛けていますので、安心して治療が受けられます。


このページの目次


スタッフ紹介

教授林 真也
講師伊藤 文隆
助教伊藤 正之

教授紹介

EBMにもとづく高精度照射の実践のみならず患者さんの希望に沿うようきめ細かな診療を心掛けたいと思います。特に高齢者の患者様には負担のない照射法の開発も行っていますので、安心して治療が受けられると思います。

林 真也 教授

Shinya Hayashi

専門・実績

放射線腫瘍学
放射線治療専門医、放射線治療認定医、がん治療認定医、第1種放射線取扱主任者、日本医学放射線学会研修指導者、日本医学放射線学会代議員、日本放射線腫瘍学会代議員

肺がんなど体幹部定位照射、IGRT(画像誘導放射線治療)、有害事象の評価と低減、高齢者に対する放射線治療の安全性、緩和照射における至適線量、照射法の検討
特に高齢者に対し安全で効果があり負担の少ない照射法の開発など臨床研究もおこなっております。

セールスポイント

放射線腫瘍科教授として放射線治療を統括しています。放射線治療で癌を治せない時代は終わり、高精度放射線治療の実践により副作用も少なく手術と同等の治療成績も得られるようなってきています。当院では最新鋭の高精度照射装置2台(ノバリスTx、トゥールービーム)と高線量小線源治療装置1台があり、最先端の高精度な放射線治療(IMRT、定位照射)に対応しています。放射線治療は手術と比較して侵襲性も少なく、手術不能な患者さんや高齢者に対してもやさしい治療です。特に高齢者に対し安全で効果があり負担の少ない照射法の開発など臨床研究もおこなっておりますので、患者様には安心して、負担なく治療を受けていただけるものと思います。