グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 呼吸器外科

呼吸器外科

呼吸器外科は、気管・気管支・肺・縦隔・胸膜・胸壁・横隔膜の疾患の中で手術が必要になるもの診療を担当します。このうち肺癌は、日本において罹患率3位の癌で、当科の手術症例中、最も多い疾患です。社会の高齢化に伴い、心臓のご病気や糖尿病など他の疾患をお持ちの患者さんが増加しています。丁寧な手術操作に加え、慎重な手術適応検討や術前術後管理により、できるだけ併存疾患の増悪や新たな合併症の発生を予防し、苦痛の少ない入院生活と早期退院を目指します。


スタッフ紹介

教授星川 康
須田 隆
講師栃井 祥子
助教栃井 大輔
金田 真史
助手河合 宏
根木 隆浩

教授紹介

高精度でやさしい呼吸器外科診療
中部地方初の肺移植実施に向けて

星川 康 教授

Yasushi Hoshikawa

専門・実績

日本呼吸器外科学会指導医、呼吸器外科専門医、気管支鏡専門医、日本移植学会認定医
日本呼吸器外科学会評議員・総合診療対策委員会委員・呼吸器外科専門医合同委員会書類審査実務部会部員・学術委員会学術調査部会部員、日本胸部外科学会国際委員会委員、日本呼吸器学会肺移植検討委員会委員・男女共同参画委員会委員、日本移植学会代議員、日本臓器保存生物医学会評議員、臓器移植関連学会協議会臓器提供施設体制整備委員会委員、日本肺高血圧・肺循環学会評議員、(社)日本臓器移植ネットワーク・メディカルコンサルタント医(肺移植)

セールスポイント

前任地の東北大学病院で15年間肺移植診療に携わり、肺移植手術・術後急性期重症管理・慢性期管理・脳死ドナー肺評価・管理、ドナー肺摘出術などに従事する一方、局所進行肺癌・悪性縦隔腫瘍・悪性胸壁腫瘍や膿胸・肺アスペルギルス症などの難治性胸部感染症の外科診療、超高齢者や併存疾患を有する呼吸器外科症例のより安全な周術期管理法開発などに取り組んでまいりました。
藤田保健衛生大学病院呼吸器外科は長年にわたり肺癌や縦隔腫瘍に対する体にやさしく(低侵襲)、精度の高い手術(胸腔鏡下手術、単孔式手術、ロボット支援手術)の開発に取り組んでまいりました。当科医局員・学内関連部門と力を合わせ、低侵襲・高精度手術をさらに発展させ、超高齢者や併存疾患をもつ方にもやさしい呼吸器外科診療を継続して提供いたします。同時に中部地方初の肺移植実施に向け準備を進めてまいります。

自分や自分の家族が受けたい最先端医療を行います。

須田 隆 教授

Takashi Suda

専門・実績

専門は、肺癌、縦隔腫瘍(胸腺腫など)、胸膜中皮腫、気胸に対する外科手術。2004年中部地区で最初に肺癌および胸腺腫に対する内視鏡手術である胸腔鏡(きょうくうきょう)手術を開始。2007年世界で初めて悪性胸膜中皮腫に対する内視鏡手術に成功。2009年本邦第1例目のダヴィンチロボット肺癌手術を執刀。2012年胸腺腫・重症筋無力症に対する剣状突起下アプローチによる単孔式胸腺摘出術(通常の内視鏡手術より痛みの少ない、お腹の3cm傷一つで手術を行う方法)を開発。2014年剣状突起下アプローチによる単孔式両側肺切除術を開発。2015年ダヴィンチロボットを使用した新しい胸腺摘出術法を開発。2015年日本ではまだわずかな施設でしか行われていない、4cmの傷1つで行う単孔式肺癌手術を開始。胸腔鏡手術の指導者として、全国20以上の大学病院や海外施設を含む50以上の施設に手術指導。当院での経験手術件数2600件以上、経験執刀数1200件以上。

セールスポイント

私は、世界最先端の外科手術を提供します。近年、外科手術は、より身体に負担の少ない方法で行われるようになりました。私の専門は、肺がん、胸腺腫や気胸などの手術ですが、肺がんは4cmの傷ひとつで手術を行うことができ、1週間で退院、胸腺腫など縦隔腫瘍(胸の中にできる肺・心臓以外の腫瘍)は、私が考案した方法で行えば3cmの傷ひとつで、3日で退院できます。私は日本で最初にロボット肺がん手術を執刀し、日本で有数のロボット手術の経験があります。内視鏡手術ではできないような、一部の進行してしまった腫瘍やがんに対する難易度の高い手術も、最先端の手術支援ロボットを使用すれば、胸を開かなくても手術を行うことが可能になりました。
セカンドオピニオンも受け付けています。肺癌や縦隔腫瘍などで手術が必要な患者さんは、ご心配なさらず、ぜひ受診してみてください。

当科の特徴

高精度で、体にやさしく、痛くない最先端手術(高精度・低侵襲手術)を提供します。

呼吸器外科では、気管・気管支、肺、縦隔(じゅうかく=左右の肺の間の部分)、胸膜、胸壁、横隔膜など(心臓、大血管、胸椎 [背骨] 以外の)胸部の疾患の中で、手術を含む外科的処置が必要なものを取り扱います。主な疾患は、原発性肺癌、他の臓器の悪性腫瘍からの肺転移、気胸、縦隔腫瘍で、局所進行肺癌や悪性胸膜中皮腫、胸壁腫瘍、膿胸・肺アスペルギルス症・肺抗酸菌症といった難治性胸部感染症の外科治療にも積極的に取り組んでいます。
 当科の特徴は、世界でも最先端の低侵襲手術(体への負担の少ない手術)を行っていることです。2004年、東海地区で初めて肺癌に対する低侵襲手術(胸腔鏡 [きょうくうきょう] という内視鏡下に行う手術)を実施し、以後ほとんどの肺癌手術を胸腔鏡下に行っています。2005年には前縦隔(ぜんじゅうかく=胸骨の裏、心臓の前の部分の)腫瘍および重症筋無力症に対する胸腔鏡手術を導入し、2009年には、本邦で初めて肺癌に対するダヴィンチロボット手術に成功、2011年には前縦隔腫瘍や重症筋無力症に対する体への負担の最も少ない手術、剣状突起下アプローチ単孔式胸腺摘出術(みぞおちの3cmの創一つで行う手術)を開発し、継続して施行しています。年間の手術件数は、2014年 298件、2015年 317件、2016年 320件です。
 現在、低侵襲手術に加え、数年以内の肺移植(はいいしょく=肺機能が著しく低下した人の肺を摘出し、かわりにドナーの方の肺を植えこむ医療)の実施を目指し準備中です。
 当科では、手術前には必ず禁煙をしていただいています。これは、たばこを吸っている方ではそうでない方に比べ術後大変な合併症を発生する方が多いからです。また、手術後に喫煙を再開した方の生命予後は禁煙を継続している方と比べ明らかに不良のため、手術の後も禁煙しつづけることを強くお勧めしています。この他、重い術後合併症のうち最も頻度の高い肺炎を予防するために、歯科で歯石除去を含む専門的口腔清掃と自己口腔ケア(自らお口の中をきれいにする方法の)指導を受け、1日3〜4回の気持ちの良い歯磨き習慣を身につけていただきます。術後の回復を促すため、術前からの適度なお散歩、夜よく眠ることができるように、適切なお昼寝の習慣なども身につけていただきます。手術により胸に傷がついたり肺の一部を失ったりするかわりに、それまでよりも健康的な生活習慣を身につけていただくことを目標にしています。
 私たちは、高精度な手術を提供するだけでなく、退院時にも、その後長期にわたっても、当科で手術を受けてよかったと満足していただけるように、呼吸器内科・麻酔科・リハビリテーション科・歯科をはじめとする関係各科・手術部・集中治療室・病棟看護師・栄養サポートチーム・薬剤師・理学療法士と力を合わせ、やさしい呼吸器外科診療を提供いたします。
 他院受診中の患者さんを対象としたセカンドオピニオン外来も開設しておりますので、是非ご利用ください。

肺癌胸腔鏡手術

当院は、肺がんに対して、もっとも低侵襲(体に優しい)と言われる完全鏡視下手術で行っています。

肺癌胸腔鏡手術
約13cmの傷と1.5cmの傷1~2カ所

肺癌開胸手術
約30cmの傷と1.5cmの傷1~2カ所+肋骨切断

最先端手術:ロボット肺癌手術(自費診療)

当院は、2009年11月に日本で初めてda Vinci(ダヴィンチ)ロボット支援による肺癌の手術に成功し、現在まで大きな合併症もなく35例に施行しています。ダヴィンチロボットを使用は、低侵襲(体に優しい)だけでなく、より高精度(人の手を超える)な手術を提供します。詳しくは須田までご相談ください。

新しい胸腺摘出術を開発しました

胸腺を摘出する手術を行う場合、胸骨縦切開や側胸部からの内視鏡手術が行われます。当院では、痛みも少なく、美容にも優れた剣状突起下単孔式胸腺・胸腺腫摘出術を2011年から行っています。

胸骨縦切開(正中切開)の傷です。


単孔式胸腺摘出術の傷です。

新しいロボット支援胸腺腫・前縦隔腫瘍手術(自費診療)

腫瘍のできている場所などの問題で、内視鏡手術(単孔式手術や側胸部からの内視鏡手術)ができないような方にもこの新しいダヴィンチロボットアプローチで行えば、胸骨縦切開(胸の前を切開し、胸骨を切断する方法)をしなくても済む場合があります。詳しくは須田までご相談下さい。

私共は、ただ単に病巣を切除して直すだけではなく、患者さんとの対話の時間を充分に取り、心から納得して頂くようにしています。更に、退院時には手術を受けてよかったと満足して頂ける様に、教室員のみならず、看護師やコメディカル共々努力しています。

地域連携室を通しての、セカンドオピニオン外来も受け入れていますので、お気軽にご利用ください。

主な治療成績

年間手術件数

腹腔鏡手術の割合

肺がん手術件数

2016年度の手術疾患内訳

参加している臨床研究