グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > リウマチ・感染症内科

リウマチ・感染症内科

当科では、関節リウマチやその他の膠原病の患者さまを拝見しております。これらの病気では、関節の痛みが共通してみられますが、それ以外に種々の内臓病変をしばしば認めます。このため当科では常に全身を見て診療にあたっております。
当科のもう一つの柱である感染症は、病原微生物によって起こる病気であり、これも全身の病気です。治療薬はあるものの、その適切な使用法によりはじめて有効な治療を行うことができます。

このように当科では、「リウマチ・膠原病」と「感染症」という2種類の全身の病気について、患者さんを全人的にとらえて最先端の医療を提供していきます。


スタッフ紹介

教授吉田 俊治
准教授深谷 修作
講師伊藤 亮太
西野 譲
橋本 貴子
助教平野 大介
芦原 このみ
梅田 愛
長縄 達明
胡桃沢 芽久美
助手鈴木 雅司

教授紹介

抜群のリウマチ・膠原病の専門家

吉田 俊治 教授

Shunji Yoshida

専門・実績

リウマチ・膠原病の内科としては東海地区で長い伝統があり、多くの患者さんを拝見しています。医学の進歩により難病と言われてきたリウマチや膠原病の早期診断が可能になってきています。関節リウマチは治療法の進歩により寛解が可能な病気になりました。またそのほかの膠原病でも種々の免疫抑制薬などにより良い状態を持続させることが可能となってきています。しかしながらその恩恵に浴すことの出来ない患者様がまだ少なからずいらっしゃるのも事実です。さらにそれでもなお治療が困難な難治性病態も存在します。難治性病態の中で、特に肺高血圧症という合併症に関して循環器内科と協働しながらよりよい診療を目指しています。
私は、厚生労働省の研究班で班長を務めたり、膠原病に関連する学会の理事などを務めながら、我が国における膠原病の診断や治療の現状を把握し、それをよりよいものにすること、そしてそれを普及することを常に目指しています。

セールスポイント

関節リウマチや膠原病の最新の診断法により、早期の患者さんや非典型的な症状を示す患者さんの適切な診断を行います。また、近年可能となってきた関節リウマチや膠原病の最新治療を取り入れています。ただこれらの治療薬は作用が強力なため、その副作用にも留意が必要です。私どもは全身を拝見する内科医として、患者さんを全人的にとらえ、やみくもに強力な最新の薬剤を使用するのではなく、薬剤の作用と副作用を見極め、患者さんに最もメリットがあるような使用法を見いだすことに気をつけています。たとえばステロイド薬を大量に使用するとしばしばニューモシスチス肺炎やサイトメガロウイルス感染症などの重篤な感染症を合併していましたが、近年の高感度検出法や治療薬の予防投与により、ほとんど重篤化することはなくなりました。このように適切な治療と有害事象の防止に今後も気をつけて診療を行って参ります。


主な治療成績

主要疾患の軽快退院率は、RA 100%、SLE 97.0%、PM/DM 87.5%、強皮症 85.0%、肺炎 96.4%、髄膜炎・脳炎 92.9%です。