グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 診療科  > 泌尿器科

泌尿器科

藤田保健衛生大学泌尿器科は、腎臓移植、尿路性器悪性腫瘍、尿路性器感染症、小児泌尿器科疾患、下部尿路通過障害(前立腺肥大など)、女性尿路疾患など、単科でありながらそれぞれの領域を得意とする専門医が勤務しています。


当科の特徴

腎移植領域では献腎移植件数は国内でもトップクラスで、術後管理が極めて難しい心停止ドナーからの献腎移植でも、良好な成績を得て米国移植学会など海外からも注目されています。尿路性器悪性腫瘍の治療にも常に患者さんの立場に立った最新治療法を心がけており、近年本邦でも著しく増加傾向にある前立腺癌に対しては、できる限り手術の負担や手術の際の手術創を小さくして術後の患者さんの苦痛が軽減できるよう、従来の手術法に加えて、小線源治療(放射線治療)、ロボット支援下腹腔鏡手術など安全性と確実性を重視し、患者さんに合わせた最良の治療法を選択することが可能となっています。

一方、患者さんの術後のQOL維持にも留意し、膀胱癌などで膀胱摘出を余儀なくされた場合には自分で排尿が可能な代用膀胱や非失禁型の尿路変更をおこなっています。更に癌終末期の緩和医療にも真剣に取り組み、治癒の見込みがない場合でも癌患者さんの苦痛を積極的に取り除き、ご家族とともに安らかな時を過ごす事ができるようお手伝いさせて頂いています。

このように、我々は本院で診療ができる事に誇りを持ち、“先端医療から末期医療まで”をスローガンに、教室員が一丸となって“患者さん立場に立った最高の医療の提供”を目標に努力しています。

スタッフ紹介

教授白木 良一
星長 清隆
日下 守
佐々木 ひと美
講師市野 学
深見 直彦
髙原 健
助教引地 克
深谷 孝介
西野 将
伊藤 正浩
河合 昭浩
城代 貴仁
武東 義成
助手猿田 真庸

教授紹介

治療成績は欧米からも高い評価

星長 清隆 学長

Kiyotaka Hoshinaga

専門・実績

日本泌尿器科学会理事、日本移植学会理事、日本小児泌尿器科学会理事、日本臨床腎移植学会理事など
泌尿器科の中での私の専門は腎移植と小児泌尿器科疾患ですが、泌尿器癌や排尿障害など一般泌尿器科疾患を幅広く診させて頂いています。腎移植、とくに献腎移植の治療成績(腎生着率)は、世界のトップクラスで、欧米諸外国からも高い評価を受けています。

セールスポイント

私たちは、“先端医療から末期医療まで”をモットーに、常に患者さんの立場に立った優しい医療を心がけています。また、“新生児から超高齢者まで”、幅広い年齢層の患者さんの泌尿器科疾患に対し、現時点で考えられる最高の治療をさせて頂くことを目標にしています。手術では傷を出来るだけ小さくし、また内視鏡的手技を多用することにより、患者さんへの負担を軽減するよう努めております。その中でも前立腺癌に対する治療法の一つとして、手術ロボット“ダビンチ”の導入は東海地区で最も早く、現在症例を重ねています。手術件数も年々確実に増えており、2012年には約1,000件で、中でも前立腺癌、腎癌、腎移植などの手術件数が飛躍的に増加しています。一方、癌末期の患者さんには、穏やかな最期を迎えて頂けるよう、病棟看護師、臨床心理士とともに緩和ケアに力を入れております。

病気に厳しく、患者に優しい治療

白木 良一 教授(主任)

Ryoichi Shiroki

専門・実績

泌尿器科では、悪性腫瘍、下部尿路障害(神経因性膀胱、前立腺肥大症など)、腎移植、尿路性器感染症、女性小児疾患など、単科でありながら良性から悪性、小児から老年期まで幅広い領域の疾患の診療を行なっております。主な特徴としては、低侵襲な腹腔鏡およびロボット支援手術です。ロボット支援手術は2009年の導入以来、前立腺がんは約800例(年間150例)、腎がんは約150例(年間40例)を施行しており、症例数は国内トップクラスです。他にも、膀胱がん、女性骨盤底疾患、水腎症等にも応用しており、治療成績も卓越しております。他施設からの見学者も多く、全国から注目されております。我々は藤田保健衛生大学病院で診療できることを誇りに思い、“先端医療から末期医療まで”をスローガンに、教室員が一丸となって“患者さんの立場に立った最良の医療の提供”を目標に今後も切磋琢磨しております。

セールスポイント

当科では“最小な侵襲による最大限の治療効果”を念頭に常に最新治療の導入や個々の症例に適した治療技術の選択を考えています。主な特徴としては、低侵襲な腹腔鏡およびロボット支援手術です。2009年の導入以来、前立腺癌、腎部分切除術の症例数は国内トップクラスであり、治療成績も卓越しております。また、進行性膀胱癌に対するロボット支援膀胱全摘除術では積極的に腔内尿路変更術(回腸導管、代用膀胱)を施行しています。良性疾患(膀胱膣瘻、骨盤臓器脱、腎盂形成術)にも応用し良好な治療成績を得ています。他にも、前立腺癌に対する密封小線源療法、腎臓移植(生体腎および献腎)、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺核出術、小児泌尿器疾患(膀胱 尿管逆症や水腎症)の根治手術など多岐に渡り、県内外からも広く診療を希望される患者さんにみえて頂いております。

研究と臨床の架け橋 藤田から世界へ

日下 守 教授

Mamoru Kusaka

専門・実績

日本泌尿器科学会、日本移植学会、日本臨床腎移植学会、日本癌治療学会、
日本内視鏡外科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本ロボット外科学会、日本排尿機能学会、
日本臓器保存生物医学会、日本女性骨盤底医学会、国際移植学会(TTS)、米国移植学会(AST)

セールスポイント

当院においては泌尿器悪性腫瘍に対するロボット支援手術を中心とした最新治療、先端治療を提供することが使命であることは言うまでもありませんが、臨床において基本姿勢を身内に対する治療:自身の親であったらどのような治療を行うかを常に念頭に置き、日常診療を行うよう心掛けています。研究分野は腎移植 特に心停止下献腎移植に関する研究が中心ですが、藤田発の成果を世界に向けて発信し続けるよう、当院における研究と臨床の架け橋を担いたいと考えています。教育については後輩指導 リサーチマインドを持った泌尿器科医を輩出することが重要で、熱血指導で後輩泌尿器科医師に接したいと思います。

全国初 女性教授による小児と女性のための泌尿器科診療

佐々木 ひと美 臨床教授

Hitomi Sasaki

専門・実績

1993年5月~1995年3月 藤田保健衛生大学病院 研修医
1995年4月~1996年8月 東京都立清瀬小児病院泌尿器科医師
1996年9月~1999年6月 Washington University, Dept. of Surgery, Research Fellow
1999年7月~2002年3月 藤田保健衛生大学 医学部 助手
2002年4月~2013年3月 藤田保健衛生大学 医学部 講師
2013年4月~2017年5月 藤田保健衛生大学 医学部 准教授
2017年6月~ 藤田保健衛生大学 医学部 臨床教授
日本泌尿器科学会専門医、指導医、日本移植学会移植認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医、
日本小児泌尿器科学会認定医

セールスポイント

泌尿器科疾患の中でも小児、女性、腎移植などの良性疾患を専門に治療します。患者さんご自身の生活指導からダビンチを用いた先進的外科治療まで、トータルに疾患を治療します。小児疾患では停留精巣や包茎などのよく見られる疾患から膀胱尿管逆流、水腎症、小児慢性腎不全にたいする腎移植など生涯にわたってフォローが必要な疾患まで保存的、外科的治療を行っております。また女性の患者さんに特有の骨盤臓器脱や腹圧性尿失禁、過活動膀胱、間質性膀胱炎に対するトータルサポートは毎週月曜日午後の女性専用外来を開設しております。排尿の悩みはQOLを激しく損なうものです。いつでもご相談ください。

主な手術実績(2016年)

疾患名手術件数
腎移植術(献腎)3件
腎移植術(生体)5件
ドナー腎採取術5件
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術(RALP)143件
ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術(RALPN)41件
ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘術 (RARC)+IC
+腔内代用膀胱造設術
5件
1件
ロボット支援腹腔鏡下腎盂形成術4件
腎部分切除術(Lap)1件
腎摘除術(open)8件
腎摘除術(Lap)28件
腎尿管全摘術(open)1件
腎尿管全摘術(Lap)13件
経皮的腎盂腫瘍切除術1件
腹腔鏡下副腎腫瘍摘出術3件
腹腔鏡下膀胱部分切除術1件
膀胱全摘術(open)9件
尿管皮膚廔造設術1件
前立腺全摘術(open)2件
仙骨膣断端固定術(Lap)8件
尿膜管摘出術(Lap)2件
RPLND3件
TUR-Bt209件
TUC6件
TUR-P4件
HoLEP17件
TUL66件
PNL8件
ESWL15件
膀胱結石破砕術20件
腎瘻造設術50件
膀胱瘻造設術11件
高位除睾術 9件
精巣摘出術3件
停留精巣根治術7件
精巣捻転解除術4件
精巣外傷手術(精巣白膜縫合術)1件
陰囊水腫根治術4件
環状切開(小児)7件
尿道下裂手術2件
水圧拡張術(間質性膀胱炎)9件
前立腺針生検226件
VUR根治術5件
人工尿道括約筋埋め込み・置換術2件
陰茎切除術3件
陰茎折症手術2件
尿道形成術1件
TVM・TVT・TOT14件
尿管鏡生検3件
内尿道切開術5件
尿管拡張術14件
尿管ステント留置術38件
尿管ステント抜去術30件
その他20件
小計1,103件
前立腺小線源治療59件
金マーカー挿入術(EMRT治療用)19件
合計1,181件