グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > ICT(Infection Control Team)

ICT(Infection Control Team)

藤田保健衛生大学病院には、感染防止対策委員会の下部組織として、感染防止対策実務小委員会(Infection Control Team:ICT)が設置されています。

ICTは医師・看護師・臨床検査技師・薬剤師・事務職員で構成され、約20名で活動しています。
ICTは様々な感染の危険から、患者さまや家族の方はもちろんですが、病院職員を含め、病院に出入りする全ての方を守るために、病院内において組織横断的に活動している組織です。さらに院内の活動のみならず、地域の複数の病院と合同カンファレンスや相互ラウンドなどを実施し、感染防止対策における地域連携活動の推進に努力しています


ICTの主な活動内容

  1. 医療関連感染に関する情報収集と評価(サーベイランスの実施)
  2. 定期的な院内ラウンドの実施
  3. 医療関連感染に関する職員への教育・啓発
  4. 感染防止対策に関するマニュアルの作成および見直し
  5. 抗菌薬適正使用に関する相談・指導
  6. 感染防止対策に関する相談・指導
  7. アウトブレイク発生時の原因調査と指示・命令
  8. 地域の医療機関からの院内感染対策に関する相談への対応

ICTが主催する主な教育活動

一部の研修会は学生や院外の医療従事者にも公開しています。興味のある方は、感染対策室までお問い合わせください。

  1. 感染防止対策研修会(2回/年)
  2. 手洗い研修(4~5月)
  3. インフルエンザセミナー(秋)
  4. ノロウイルスセミナー(秋)
  5. 感染症・抗菌薬セミナー(2回/月)

スタッフ紹介

ICTメンバーのうち、6名が感染対策室に所属して、感染防止対策に従事しております。
「感染対策室」

院内ラウンドの様子

地域カンファレンスの様子