グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)

NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)

栄養管理はすべての治療の上で共通する基本的医療のひとつであり、この栄養治療を疎かにすると、いかなる治療法も効力を失い、さらに手術などの侵襲的な治療法に伴う合併症の発生を容易にすることが指摘されています。この栄養管理を医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などを中心に、職種の壁を越えてチーム医療を実践しているのが栄養サポートチーム(NST)です。
当院では2004年4月に大学病院でのNST運営システムPotluck Party Method(PPM)-Ⅲを用いた全科型のNSTを設立、全病棟に医師、看護師、薬剤師、管理栄養士からなるサテライトチームを置き、臨床検査技師や言語聴覚士などを含め総勢150名のメンバーで活動しています。入院時に栄養スクリーニングを行い、栄養管理が必要または栄養状態に注意と判断された患者さんに、体重の変化や栄養指標となる検査データの確認、食事の摂取状況、嚥下障害の有無、褥瘡の有無などを含めて総合的に栄養アセスメントを行います。その後にNST回診を行い、患者さんの身体状況や皮膚の状態を把握した上で、食事の工夫や点滴内容についての助言、栄養投与ルートに関することなど栄養改善に向けた方法を提案し、栄養管理の支援を行っています。


NSTの様子