グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > 診療科・部門  > 移植医療支援室  > 腎臓移植について  > 費用・手続きについて(腎臓移植)

費用・手続きについて(腎臓移植)

HLA検査費用

こちらの検査につきましては保険外診療となっておりますので、自費請求となります。

生体腎移植の場合

レシピエントの方(1名)、ドナー候補の方(1名)の合計の検査料金が48,600円となります。それに加えて、検査センターへの採血検体搬送交通費用が6,000円かかりますので合計で54,600円お支払い頂くこととなります。

献腎移植の場合

HLA検査費用としては1人分20,000円ですが、愛知県在住の患者さんについては、愛知腎臓財団より、15,000円の助成を受けることが出来ますので、5,000円のお支払いとなります。県外の方は20,000円のお支払となります。

移植手術にかかる費用

腎臓移植の費用は基本的に生体移植でも、献腎移植でも保険の適応となります。加入されている保険の種類によりますが、1~3割の自己負担となります。しかし、様々な助成制度がありますので、患者さんが負担する金額は少なくなります。

高額療養費制度

同じ病院や診療所で支払った1ヶ月の医療費(食事代は除く)が、一定額(患者さんによって多少変動があります)を超えた場合に、手続きにより、超えた金額が戻ってくる制度です。   
詳しくは当院医事課窓口でお問い合わせ下さい。

身体障害者1級と特定疾病療養受療証(透析患者さん)

透析を受けている患者さんは身体障害者1級の資格と,特定疾病療養受療証をお持ちでいらっしゃると思います.透析中は特定疾病療養受療証を使用することで、医療費の月額負担が10,000円~20,000円となりますが、腎移植を行い,完全に透析から離脱された場合に、特定疾病療養受療証が使用できなくなります。
しかし、移植した腎臓が機能しなくなり透析に戻るような時のために、身体障害者1級の資格はそのまま継続されます。
この場合に、更生医療、育成医療を申請すれば、年間所得に応じた医療費助成が受けられる制度があります。
詳しくは当院医事課窓口でお問い合わせ下さい。

その他保険の種類

自立支援医療(更生医療)
国または都道府県が指定する医療機関で医療を受けた時,医療費負担を補助する制度です.腎移植を受けた場合,障害者自立支援法による更生医療の申請を行うことが出来ます.
更生医療では腎移植に係わる入院費や術後の免疫抑制剤費用について公費で負担してもらえます.補助額は患者様が属する世帯の所得税額に応じて変化しますので,詳しくは市区町村役所の窓口でお問い合わせ下さい.
なお,腎移植を受ける前に身体障害者手帳の交付を申請しておくことをお薦めします.

育成医療
現在かかっている疾患が将来障害を残すと認められる18歳未満のお子さんの治療が対象。ただし、育成医療指定医療機関にて、確実な治療効果が期待できる治療(外科的手技など)を行う場合に適応となります。
補助額は児童を扶養する世帯の所得状況に応じて変化します。詳しくはお住まいの地区にある保健所の窓口でお問い合わせください。
なお、腎移植を受ける前に身体障害者手帳の交付を申請しておくことをお薦めします。

ドナーの方の費用

生体腎移植の場合、レシピエント側の医療費に含まれます。
しかし医学的な理由などで移植が見送られた場合には、それまでにかかった(検査入院代等)費用はご自身の加入されている保険においてお支払いいただくことになります。
また医学的理由以外で移植が見送られた場合には、それまでにかかった(検査入院代等)費用は自費となります。
尚、退院後の外来診療につきましても3ヶ月以降よりドナーの方が支払いいただくことになります。