グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




高度画像診断

高度画像診断とは

人間の身体を画像として見る医用画像は、現代医療の「目」として 必要不可欠です。がん診療でも、がんの種類や場所を特定し、治療 に結びつけるために重要な役割を果たしています。本院ではCT(面検出器CT、マルチスライスCT)、MRIをはじめとする高度画像診断技術を用いて、様々な疾患の診断を行っています。
現在本院では、CT(30,000件/年)、MRI(6,300件/年)、核医学検査(3,400件/年)、血管造影(IVR) (300件/年)を中心として放射線専門医が業務を行っています。各部門の専門家が責任を持って診療を行います。


放射線部より

<各種画像検査>
CT、MRI、血管造影(IVR)、核医学、超音波検査、単純写真(マンモグラフィなど含む)など行っています。 マルチスライスCTを用いたスクリーニングは当日行う事も可能です。ただし同日に2種類以上の検査は困難ですので、別の日に改めてご予約ください。

<専門医による読影診断>
CT、MRI、血管造影(IVR)、核医学の分野においては日本医学放射線学会、日本IVR学会、日本核医学会認定の専門医が読影します。撮影においても専門の医師が現場に立会い、的確な撮像法を選択します。

<先端技術の導入>
本院では、CTメーカーとの共同研究開発により、常に最新のCT が導入されています。現在最新の機器は320列面検出器CT で、世界に先駆けて第一号機が本院に設置されました。

画像診断のタイミング

内科や外科などの臨床現場において、がんを含むなんらかの異常を疑った場合に検査が予定されます。その他に、他の検査や検診等で疑いをもたれた場合、その確認のために検査が行われる事もあります。つまり正常である事を確認するためにも、時に画像診断が必要となります。検査によっては造影剤や放射性医薬品といった薬品を体内に注入してから検査を行う事があります。このため、持病や内服薬、前後に行われた検査などによる制限があります。放射線科でも最終的な確認を行いますが、場合によってあらためて予約する必要があります。

面検出器CT

CT装置はX線を用いて人体の横断断層面を撮影する機器です。体の回りをX線管球と対になった検出器が回転させ、体を通過したX線の強さを調べます。そのX線の強さをコンピューターで数値化し、白黒表示の画像を得ます。現在本院で使用されているCTは、0.5mmの厚みでの画像を作る事が可能です。通常のマルチスライスCTですと、検出器の数によって0.5mmの厚みの画像を1回転で16枚とか64枚のように複数の断層像が得られます。この検出器の数を320個と増やす事により16cmの広さで320枚の画像を撮影可能となりました。そのため一瞬で頭部や心臓等の臓器を撮影することができます。