グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




低侵襲治療

内鏡視下手術

低侵襲手術とは内視鏡下手術(腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術)または血管内手術といった、従来の手術よりも侵襲性の少ない手術のことをいいます。消化器領域でも、従来のようにおなかを大きく切らずに行う手術、いわゆる腹腔鏡下手術が近年急速に普及しつつあります。
この手術の利点は、腹部を大きく切らないため、

・術後の痛みが少ないこと
・術後の回復が早いこと
・美容上優れていること
などが挙げられます。

つまり患者さんのQOL(Quality of life:生活の質)を満足させるといわれています。しかしながら切開創こそ小さいが、腹腔鏡下で行われる手術の内容自体は従来の手術とほぼ変わりません。従って、腹腔鏡下手術は消化器手術の革命ともいわれています。

手術は全身麻酔で行われます。まず臍部の創からトラカールといわれる筒を腹腔内に挿入し、そこから炭酸ガスを注入(気腹)します。このトラカールより腹腔鏡を入れ、腹腔内の画像をモニターに映し出します。さらに5~10mmのトロカールを数個挿入します。
マジックハンドのような内視鏡下手術用の鉗子を用いて手術を行うため、直接手で行う従来の開腹手術と比較すると、技術的には高度であることが多く、外科医の鍛錬が必要です。そのため疾患によっては、限られた施設でのみ行われる手術もあります。
現在では消化器外科においては、胆石症のみでなく、胃癌、早期大腸癌、ヘルニア、食道、脾臓疾患まで適応を広げ、内視鏡下手術を行っています。
上部消化管外科領域においては、早期胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術が、近年広く普及しつつあります。日本胃癌学会が作成した胃癌治療のガイドラインによると、早期胃癌に対する腹腔鏡下手術は臨床研究としてStage IBまで認められています。近い将来は、標準術式になると考えられています。
本院、上部消化管外科ではさらに、腹腔鏡下でのD2リンパ節郭清を伴う胃切除術を施行し、従来の開腹手術に匹敵する成績をあげています。その手術手技の難易度は高いが、進行胃癌に対しても今後適応拡大となる可能性が期待されています。

最先端のロボット支援内視鏡下手術

内視鏡下手術の技術的難点を補うため、様々な手術機器が開発されています。手術支援ロボットもそのひとつです。2008年12月、本院は手術支援ロボットの最新タイプである、da Vinci S HD Surgical System(Intuitive Surgical, Inc)を購入しました。術者は、このda Vinci Surgical Systemを遠隔的に操って手術を行います。このシステムは、術者が操縦を行うサージョンコンソール、実際に手術を行うペイシャントカート、画像処理機を有するビジョンカートの3つから構成されます。
サージョンコンソールでは、執刀医がコンソール内の3次元画像を見ながら、左右2本のマスターとフットスイッチを操作することにより遠隔手術を行います。
ペイシャントカートはEndo Wristという7自由度をもつ、直径8mmの特殊な鉗子で、執刀医からの指示を受けて実際に手術を行います。従来の内視鏡下手術用の鉗子では成しえない動きが可能です。また術者の手の動きと鉗子の動きを2:1、3:1、5:1に調整することのできるスケーリング機能や、術者の手の震えを除去するフィルタリング機能もあります。
このda Vinci Surgical Systemは、世界では心臓血管外科、胸部外科、泌尿器科などの内視鏡下手術を中心に利用されており、より精密な手術を行っています。2008年6月現在で世界における納入台数は946台です。日本国内では、5台目です。(2009年5月現在)。
このda Vinci Sを用いて、当科では胃癌、食道癌に対する内視鏡下手術をより精確に行っていきたいと考えています。