グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP  > がん診療情報ステーション  > がんに関連する取り組み  > 院内治療体制  > がんプロフェッショナル養成プラン

がんプロフェッショナル養成プラン

がんプロフェッショナル養成プランとは

当大学では、平成20年4月1日より文部科学省の公募事業「がんプロフェッショナル養成プラン」が実施されています。この事業は、がん化学療法や放射線治療を専門とする質の高い専門医やコメディカルの養成を支援する事業です。 大学院コースである「専門医師養成コース」では、臓器横断的ながん化学療法や放射線治療、そして緩和ケアを中心とした臨床腫瘍学を学ぶことができます。
「インテンシブコース(修練コース)」では、臨床腫瘍学会の専門医を受験する資格にある30症例の臨床経験を得ることができます。

【腫瘍専門医養成大学院コース(化学療法専門医・緩和医療専門医養成コース)】

教育目標

本コースは、最終的に学位を有するがん専門医の養成を目指すものである。すなわち、本コース修了者が、臓器横断的に臨床腫瘍学を修得した専門医として、またがんに関する深く刷新の知識・技術を有した医学博士として、さらにチーム医療実践のリ ーダーとして将来のがん治療の担い手となることを目指している。
がんプロフェッショナル養成プログラムにも掲げられているごとく、最近すべてのがん治療の実践の上で、1)化学療法学と2)緩和医療学の相補的かつ相乗的な知識・技術の修得が強く望まれており、これら2領域を必須として、単に各科での学位取得にとどまらず、同時に日本臨床腫瘍学会専門医、化学療法専門医や緩和医療専門医の資格取得のための必要な要件を満たすことを目標としている。
そこで、①基礎腫瘍学②腫瘍治療学③緩和医療学(代謝栄養学を含む)、の3分野を重要テーマとして、これらをがんセミナーと腫瘍学基盤先端セミナーによって修得し、次いで前述した臨床研修体制(病態血液学および外科・緩和医療学講座は必須)を実施して、キャンサーボードの構成スタッフとして活躍できる知識・技術を獲得する。すなわち、日本臨床腫瘍学会専門医、化学療法専門医や緩和医療専門医の資格を取得するために必要な要件を満たす。さらに、各講座での臨床的・実験的研究を行い学位の取得を目指すものとする。

臨床研修目標

1.造血器、2.呼吸器、3.消化器、4.肝胆膵、5.乳房、6.婦人科、7.泌尿器、8.頭頚部、1.骨軟部、10.皮膚、11.中枢神経、12.胚細胞、13.小児、14.原発不明の腫瘍のうちから少なくとも3臓器・領域以上、各臓器・領域3例以上、1臓器・領域20例以下、総数30症例以上を担当する

<第1年次(臨床研修)>
各科(実際の基盤となる診療科あるいは講座)での臨床研修を基本とし、医学セミナーおよび腫瘍学先端セミナーやがんセミナーを含む選択式セミナーの受講につとめる(以下4年間を通じて各セミナーを受講し必要単位を取得する)。

<第2年次(臨床研修)>
各科(実際の基盤となる診療科あるいは講座)での臨床研修を基本とするが、各科3~6ヶ月間で血液内科学と外科・緩和医療学をローテーションする(必須)。この研修中にがん専門医あるいは認定医資格取得に必要な症例数を経験し、提出書類の記載を同時に行うものとする。

<第3・4年次(臨床的・実験的研究)>
各科(実際の基盤となる診療科あるいは講座)にて臨床あるいは実験に携わりながら研究を実施し、学位取得の準備を進める。

担当者

担当部署氏名役職専門
コーディネータ恵美 宣彦教授(病態血液学)
東口 髙志教授(外科・緩和医療学)
腫瘍学先端セミナー
がんセミナー
岡本 昌隆教授がんプロコーディネータ
(外来薬物療法センター/病態血液学)
松浦 晃洋教授(分子病理学)
総括宮川 秀一教授(胆・膵外科学)

履修方法

本大学院コースのカリキュラムは、がんの治療に携わるすべての講座の博士課程大学院生が参加でき、学位の取得と同時に日本臨床腫瘍学会専門医および化学療法専門医や緩和医療専門医などのがん専門医師としての受験資格を習得できることが特徴である。そのためには以下のような骨子に沿ってカリキュラムを実践するものとする。

<取得すべき単位数>
藤田がんプロフェッショナル養成プランによる腫瘍専門医養成大学院コースの取得すべき単位数は、32単位とする。(本コース以外の大学院生は30単位)

講義:14単位以上(医学セミナー2単位、選択式セミナー4単位を含む)
実習:18単位以上
※注1:セミナーを含む講義→1単位=30ポイント(1ポイント=30分)=15時間
※注2:実習→1単位=30時間
※注3:本コース以外の大学院生との相違点
選択式セミナー:2単位→4単位(2単位追加:腫瘍学先端セミナー及びがんセミナーが必修であるため。)

<共通科目>
1)医学セミナー :必修科目。20回(2単位)以上の受講が必要です。
2)選択式セミナー:腫瘍学先端セミナーとがんセミナーは必修。
腫瘍学先端セミナー:年5回を予定。4年間で10回(1単位)受講
がんセミナー:できれば前半の2年間に30回(3単位)受講

<必修科目>
1)各専攻分野必修講義科目: 8単位
2)各専攻分野必修実習科目:18単位

<選択科目>
10単位(講義4単位、実習6単位)を超えない範囲で、他の専攻分野科目を必修科目に充当できる。