グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




リハビリテーション

がん患者にさまに対するリハビリテーション

がん患者様の日常生活活動、quality of lifeを保証するためにはリハビリテーションが重要です。胸部や腹部などの手術を受ける場合には必要に応じて手術前後に呼吸リハビリテーションを行って肺炎などの肺合併症を予防しています。また、手術後の早い時期から動いてもらうことでベッドに寝たきりになることを防ぎます。がんの場合は、手術後に肩の動きの制限や上肢の浮腫が生じやすくなりますので、リハビリテーションを行って予防します。婦人科悪性腫瘍で生じた下肢の浮腫に対しても対応しています。緩和ケアではリハビリテーションを行って筋肉が細くなったり関節が固くなったりするのを防ぎ、生活指導も行っています。