グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




褥創対策チーム

私たち褥瘡対策チームは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、医療事務の他職種で構成されています。活動内容として、月2回の褥瘡回診を行っています。各部所ごとに褥瘡予防・処置方法の見直しをしています。また、褥瘡勉強会を定期的に開催し、スタッフの新しい情報・技術を提供し、ケア水準の向上に努めています。
また、本院では褥瘡ハイリスク患者ケア加算を導入しています。皮膚・排泄ケア認定看護師2名が専従となり、褥瘡予防に力を入れています。専門的な視点で計画を立案し、スタッフ一丸となって実践しています。
がんを患った患者様は栄養状態が低下し、痛みのために身動きがとりづらく、褥瘡が発生する危険性が高まります。しかし、早期に褥瘡発生要因を評価し、予防を行うことが私たちの大きな役割であると考えます。これからも「患者さまの生命および人権を尊重し、生活の質向上のため、褥瘡を作らない看護・介護を目指す」ことを目標に努めてまいります。