平成28年度 藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2,107 554 308 433 686 802 1,423 1,841 1,359 336
退院患者さんの年齢構成を調べると、その病院の特徴をある程度調べることができます。
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。

平成28年度に当院を退院されたDPC対象患者さんを10歳刻みの年齢区分で集計したものです。
全退院患者数は9,849人です。最も患者数が多い年齢区分は、0歳~9歳の2,107人(21.4%)であり、次いで70歳代の1,841人(18.7%)、60歳代の1,423人(14.4%)です。また、60歳以上は4,959人であり、全体の50.4%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 234 3.06 3.06 1.28% 69.76
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 82 18.35 17.95 12.20% 81.72
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 79 4.59 4.71 0.00% 71.82
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 20 22.95 15.90 0.00% 68.85
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 3.00 3.22 0.00% 67.58
循環器内科では、狭心症及び心不全に対する入院治療を積極的に行っています。
当院では心臓カテーテルによる検査や経皮的冠動脈形成術・ステント留置術による治療を多数行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院であり、全国の平均在院日数と同じです。
2番目に患者数が多い診断群分類は、心不全に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して+0.4日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、狭心症などに対して経皮的冠動脈形成術等を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.12日です。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 26.22 21.25 14.29% 86.92
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 39 3.36 3.68 0.00% 69.03
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 7.35 8.31 0.00 40.46
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 13.89 13.60 5.41% 83.97
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等なし  22 23.77 13.85 9.09% 76.95
呼吸器内科では、高齢者の呼吸器疾患による入院、また肺の悪性腫瘍に対する早期診断と治療に取り組んでいます。

最も患者数が多い診断群分類は、誤嚥性肺炎の治療のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+4.97日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、肺の悪性腫瘍に対する検査目的の入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.32日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、肺炎(15歳以上)などの治療目的の入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.96日です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 64 6.75 5.50 0.00% 51.56
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 26.53 11.06 2.78% 74.72
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 29 15.28 7.65 6.90% 63.83
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 4.72 7.20 0.00% 73.92
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 8.63 7.44 4.17% 59.54
消化器内科では、ウイルス性の疾患による入院、また大腸癌疑いの検査入院を行い、適確な検査・診断・治療を行っています。胆管結石に対しては内視鏡的治療を多数行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、ウイルス性腸炎に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して+1.25日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、胆管(肝内外)結石、胆管炎に対する内視鏡的治療等のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+15.47日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、その他の消化管の障害(肝機能障害等)に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して+7.63日です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - 20.57 14.77 0.00% 73.86
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 8.50 12.84 0.00% 57.25
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 20.33 14.60 0.00% 71.67
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - 15.00 9.33 0.00% 83.50
- - - - - - -
腎臓内科では、慢性腎不全に対する人工腎臓などの治療を積極的に行っております。

最も患者数が多い診断群分類は、慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全に対する人工腎臓実施のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+5.8日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して-4.34日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、急性腎不全に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して+5.73日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置2:1あり 定義副傷病あり - 17.22 16.40 0.00% 65.56
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置2:1あり 定義副傷病あり - 20.25 16.31 0.00% 57.75
100071xx97x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術あり 手術・処置2:1あり 定義副傷病あり - 25.75 34.10 25.00% 57.00
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置2なし 定義副傷病あり - 19.50 12.94 0.00% 57.00
100080xx99x110 その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし) 手術なし 手術・処置2:1あり 定義副傷病あり - 15.50 19.77 0.00% 64.50
内分泌内科では、糖尿病に対して薬物療法や食事療法にて血糖コントロールを目的とした入院を行っております。

最も患者数が多い診断群分類は、2型糖尿病(末梢循環不全あり。)のインスリン製剤による治療のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+0.82日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、2型糖尿病(末梢循環不全なし。)のインスリン製剤による治療のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+3.94日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、2型糖尿病(末梢循環不全あり。)で網膜光凝固術等とインスリン製剤による治療のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-8.35日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし、手術・処置1なし 手術・処置2:4あり 定義副傷病名なし 17 17.76 16.54 5.88% 69.94
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 36.50 18.71 25.00% 79.00
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - 14.00 18.04 0.00% 48.43
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 9.40 9.36 0.00% 30.40
010300xxxxxxxx 睡眠障害 - 1.00 4.34 0.00% 33.00
神経内科では、脳梗塞による入院治療を行っています。当院では急性期脳梗塞患者に対して、適切な治療に取り組んでいます。
リハビリテーション病院との連携も緊密です。

最も患者数が多い診断群分類は、脳梗塞(JCS10未満)のエダラボンによる治療に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して+1.22日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、パーキンソン病に対する治療のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+17.79日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、免疫介在性・炎症性ニューロパチーに対するガンマグロブリン製剤による治療のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-4.04日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 なし 840 1.02 2.62 0.00% 8.47
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置2なし 定義副傷病なし 47 5.40 5.79 0.00% 5.81
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 37 5.19 6.02 0.00% 3.41
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 35 4.74 5.50 0.00% 5.51
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 5.22 6.42 0.00% 5.00
小児科では、食物アレルギーによる負荷試験検査を積極的に行っています。
DPC算定は840件ですが、短期滞在手術等基本料での算定件数も含めると1,000件を超える症例数があります。

最も患者数が多い診断群分類は、食物アレルギーによる負荷試験検査に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して-1.60日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、肺炎(15歳未満)などに対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.39日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.83日です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 60 3.33 4.41 0.00% 66.03
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他手術あり 41 3.32 3.34 0.00% 67.34
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:7あり 定義副傷病 なし 41 3.00 4.28 0.00% 64.51
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 38 8.03 7.61 0.00% 60.32
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 定義副傷病 なし 35 3.40 4.48 0.00% 64.37
外科では、直腸癌・胃癌の化学療法による入院治療を行っています。また、胆嚢摘出術を始め低侵襲な腹腔鏡手術を積極的に提供しております。

最も患者数が多い診断群分類は、直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍に対するベバシズマブによる化学療法のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-1.08日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、静脈・リンパ管疾患に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術の入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.02日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍に対するセツキシマブによる化学療法のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-1.28日です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置2なし - 10.13 3.44 0.00% 71.13
070010xx970xxx 骨軟部良性腫瘍(脊椎脊髄を除く) その他の手術あり 手術・処置1なし - 8.13 5.11 0.00% 34.00
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - 8.00 6.76 0.00% 22.38
080150xx97xxxx 爪の疾患 手術あり - 13.00 5.24 0.00% 47.60
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - 11.00 5.94 0.00% 59.33
形成外科では、皮膚の良性新生物(母斑・脂肪種など)に対して手術を行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、眼瞼下垂に対する手術のための入院です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)に対する手術のための入院です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、皮膚の良性新生物に対して皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等を行うための入院です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 104 14.21 15.99 0.00% 62.17
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 74 2.19 3.20 0.00% 60.14
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 9.44 9.87 7.69% 71.49
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 28 6.18 7.70 0.00% 75.71
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置1なし 手術・処置2:4あり 定義副傷病なし 22 18.77 16.54 36.36 72.55
脳神経外科では、未破裂脳動脈瘤に対する質の高い画像検査を用いた早期診断及び「脳動脈瘤頸部クリッピング手術」による入院治療を多く行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、未破裂脳動脈瘤に対する 脳動脈瘤頸部クリッピング等のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-1.78日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、未破裂脳動脈瘤に対する造影検査のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して
-1.02日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、頭蓋・頭蓋内損傷に対して手術を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して
-0.43日です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 101 32.22 27.63 64.36% 81.69
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 41 34.93 22.55 0.00% 70.34
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 38 13.24 5.49 5.26% 61.87
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 32 2.94 3.07 0.00% 71.72
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 29 25.10 20.57 31.03% 74.17
整形外科では、大腿骨骨折の入院治療を多く行い、術後はリハビリ病院との連携により治療を行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、股関節大腿近位骨折に対して人工骨頭挿入術等を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+4.59日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)に対する脊椎固定術等を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+12.38日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、前腕の骨折に対する手術のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+7.75日です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 20 8.10 8.96 0.00% 71.60
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 11 10.55 10.70 0.00% 35.00
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり          - 2.00 6.76 0.00% 60.75
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - 12.33 11.97 0.00% 72.67
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 - 6.67 6.58 0.00% 31.50
皮膚科では、帯状疱疹・薬疹等の治療を行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、帯状疱疹の入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.86日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は湿疹、皮膚炎群の入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.15日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、その他の新生物に対する皮膚皮下腫瘍摘出術等のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-4.76日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 32 9.69 7.44 0.00% 74.66
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし 21 3.62 5.25 0.00% 60.76
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - 12.89 9.98 0.00% 71.89
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし - 9.75 8.83 0.00% 55.50
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - 10.88 12.43 0.00% 52.38
泌尿器科では、尿路感染症・急性腎盂腎炎による入院、また膀胱腫瘍・前立腺肥大症に対して経尿道的手術を行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、膀胱腫瘍に対する膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+2.25日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、上部尿路疾患に対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して-1.63日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、前立腺肥大症などに対して経尿道的前立腺手術を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+2.92日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 82 6.26 6.29 0.00% 41.48
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 26 8.81 9.88 0.00% 34.38
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 23 6.04 6.42 0.00% 44.48
120140xxxxxxxx 流産 20 2.25 2.43 0.00% 32.30
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病 なし 14 6.07 7.92 0.00% 36.57
産婦人科では、子宮や卵巣の良性腫瘍による入院治療では腹腔鏡下手術を多く行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、子宮の良性腫瘍に対して腹腔鏡下腟式子宮全摘術等を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.03日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、胎児及び胎児付属物の異常に対して子宮全摘術等を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-1.07日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、卵巣の良性腫瘍に対して腹腔鏡等で卵巣部分切除術等を行うための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.38日です。

平成29年4月から悪性腫瘍の専門医が2名所属ており、悪性腫瘍手術を平成29年上半期実績で13件行っています。それに伴い、化学療法も行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 29 7.17 10.53 0.00% 58.62
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり 26 11.77 11.07 0.00% 69.73
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 17 7.29 7.72 0.00% 68.94
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 11 5.18 7.01 0.00% 67.82
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 - 5.44 9.15 0.00% 69.56
眼科では、角膜の障害(水疱性角膜症・角膜潰瘍・角膜穿孔など)や網膜剥離、硝子体疾患の入院治療を行い、適切な手術を行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、網膜剥離に対する手術のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-3.36日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、角膜の障害に対する手術のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して+0.70日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、黄斑、後極変性に対する手術のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して-0.43日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1 なし 146 8.58 8.39 0.00% 14.34
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 87 7.60 5.24 0.00% 62.26
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 51 6.53 5.50 0.00% 35.98
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 20 8.50 8.12 0.00% 23.20
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 18 18.11 9.60 0.00% 56.83
耳鼻咽喉科では、全年代の患者さんに対して睡眠時無呼吸症候群の診断や場合により手術治療を積極的に行っています。

最も患者数が多い診断群分類は、睡眠時無呼吸に対する手術のための入院であり、全国の平均在院日数と比較して
+0.19日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、前庭機能障害の入院であり、全国の平均在院日数と比較して+2.36日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、扁桃周囲膿瘍などに対する入院であり、全国の平均在院日数と比較して+1.03日です。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2 なし 24 13.58 13.33 0.00% 75.17
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 13 15.92 9.13 0.00% 51.38
010120xx99xxxx 特発性(単)ニューロパチー 手術なし - 7.25 6.92 0.00% 75.63
070430xx97xxxx 神経異栄養症、骨成長障害、骨障害(その他) その他の手術あり  - 20.57 10.79 0.00% 39.14
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 定義副傷病 なし - 12.80 7.20 0.00% 51.20
麻酔科では、帯状疱疹後神経痛に対して神経根ブロック・硬膜外ブロックなどの治療を積極的に行っています。
三叉神経痛に対して、3DCTガイドを併用したガッセル神経節ブロックなどの治療を積極的に行っております。
各種疾患に対して入院治療いただけるように体制を整えております。

最も患者数が多い診断群分類は遺伝性ニューロパチーの入院であり、全国の平均在院日数と比較して+0.25日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、椎間板変性、ヘルニアの入院であり、全国の平均在院日数と比較して+6.79日です。
3番目に患者数が多い診断群分類は、特発性(単)ニューロパチーの入院であり、全国の平均在院日数と比較して+0.33日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 なし   - 1.00 2.62 0.00% 32.33
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - 6.00 10.70 0.00% 48.50
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
アレルギー科は、平成29年1月より診療を開始しております。
成人に対する食物アレルギー、接触皮膚炎、金属アレルギー、薬疹の検査を行っています。
アトピー性皮膚炎をはじめとした湿疹皮膚炎群に対しての治療を行っています。

アレルギー科で最も患者数が多い診断群分類は食物アレルギーの入院であり、全国の平均在院日数と比較して-1.62日です。
2番目に患者数が多い診断群分類は、湿疹、皮膚炎群の入院であり、全国の平均在院日数と比較して-4.7日です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 - 12 31 24 20 1 7
大腸癌 28 - 26 25 13 200 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - 54 - 25 1 7
肝癌 - - - 16 18 31 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本で現在最も罹患数の多い5つのがん(大腸がん、肺がん、胃がん、肝がん、乳がん)の病期(ステージ)ごとの症例数です。
当院における5大癌の患者数を初発のUICC病期分類および再発患者数に分けて集計しました。
なお再発がんは症例数のみを別に集計しています。
がんの症例数をみることで、その病院がどの程度がんを治療しているかを知ることができます。
また、病期分類別にみることによってその病院の診療の幅広さを知ることができます。

<特徴>
大腸がん・肺がん・胃がんに対する治療を行っています。
大腸がん・胃がんについては、StageⅠの患者数が多く、早期の治療を行っておりますが、StageⅢ、Ⅳの患者数も多く、積極的に取組んでいます。
肺がんは、StageⅣの患者数が多いことがわかります。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 106 7.48 32.91
中等症 46 15.54 79.78
重症 - 39.00 86.38
超重症 11 21.82 75.82
不明 - - -
当院における成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
肺炎で入院した患者さんの重症度を、DPC様式1「肺炎の重症度分類」基準に沿って集計しました。
患者数が最も多いのは、軽症の106人であり、次いで中等症の46人です。また、平均在院在院日数では、重症が最も長く39.00日、次いで超重症度の21.82日です。平均年齢では、重症が最も高く86.38歳、次いで中等症の79.78歳です。

肺炎は、クリティカル・パス策定が困難な疾患ではありますが、その中でも成人の「市中肺炎」については、
標準化または治療ルールの設定を検討し治療計画を常に見直しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 5.09 75.55 7.14%
その他 - 5.00 66.33 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 101 24.19 74.81 20.83%
その他 19 16.79 70.89 1.67%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 4.67 66.67 0.00%
その他 29 10.45 69.41 5.71%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 3.33 72.00 0.00%
その他 - 12.11 61.00 0.00%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - 3.00 12.00 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳の虚血性疾患の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
患者数では、I63$脳梗塞(発症から3日以内)が101人と最も多く、平均在院日数は24.19日であり、平均年齢は74.81歳です。

当院は、主に発症3日以内の脳梗塞の診断、治療を行う急性期病院として多職種のチーム医療を行い、治療効果を上げています。
また、地域連携クリティカル・パスを用いて回復期リハビリテーション病院等と連携し脳卒中治療を行っています。

*ICD-10とは国際疾病分類で「疾病、障害および死因統計分類提要」のことを言います。
(世界保健機関WHO出版の日本語版)

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K549.3 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 79 1.47 3.90 0.00% 70.43
K546.3 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 16 2.69 3.63 6.25% 73.13
K597.2 ペースメーカー(移植術経静脈電極の場合) 16 3.56 10.56 0.00% 83.06
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 12 4.92 3.00 0.00% 74.00
K549.2 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 10 0.00 11.40 0.00% 61.30
循環器内科では、狭心症や心筋梗塞に対して、心臓カテーテルを用いた「経皮的冠動脈ステント留置術」や「経皮的冠動脈形成術」を多く実施しております。
また、不整脈などに対しては、ペースメーカー移植を多数実施しています。

経皮的冠動脈ステント留置術(その他)の患者数が79人と最も多く、平均術前日数は1.47日、平均術後日数は
3.90日、転院率は0.00%、平均年齢は70.43歳です。
2番目に多い手術は、経皮的冠動脈形成術(その他のもの)であり、患者数が16人、平均術前日数2.69日、平均術後日数3.63日
転院率6.25%、平均年齢は73.13歳です。
3番目に多い手術は、ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)であり、患者数が16人、平均術前日数3.56日
平均術後日数10.56日、転院率0.00%、平均年齢83.06歳です。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K508-3 気管支熱形成術 - 0.38 2.25 0.00% 51.38
K386 気管切開術 - 33.50 35.50 50.00% 81.00
K509.1 気管支異物除去術                    - 3.00 15.00 100.00% 88.00
- - - - - - -
- - - - - - -
呼吸器内科では、喘息に対して、気管支鏡を用いた「気管支熱形成術」を多く実施しております。
平均術前日数は0.38日、平均術後日数は2.25日、転院率は0.00%、平均年齢は51.38歳です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721.1 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 162 0.83 1.72 0.62% 65.34
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 31 4.71 35.87 12.90% 76.61
K654 内視鏡的消化管止血術 20 5.15 18.80 10.00% 70.20
K615.2 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 12 5.00 12.17 0.00% 73.08
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 12 0.83 13.58 8.33% 68.67
消化器内科では、内視鏡的に結腸のポリープ切除を多く行っており、入院期間もおよそ3日前後です。
「胆道ステント留置術」は、胆管の詰まりに対して内瘻チューブを胆管内に留置する治療方法です。

内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の患者数が162人と最も多く、平均術前日数は0.83日
平均術後日数は1.72日、転院率は0.62%、平均年齢は65.34歳です。
2番目に多い手術は、内視鏡的胆道ステント留置術であり、患者数が31人、平均術前日数4.71日、平均術後日数35.87日
転院率12.90%、平均年齢は76.61歳です。
3番目に多い手術は、内視鏡的消化管止血術であり、患者数が20人、平均術前日数5.15日、平均術後日数18.80日
転院率10.00%、平均年齢70.20歳です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K633.5 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 64 1.30 3.16 0.00% 59.95
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 3.85 5.39 0.00% 59.15
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 35 0.43 1.74 0.00% 68.09
K718-2.1 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 25 0.80 6.08 0.00% 41.84
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24 11.54 19.79 8.33% 68.13
外科では、鼠径ヘルニアなど一般外科の手術を多く実施する一方で、胆嚢摘出術を始め低侵襲な腹腔鏡手術を積極的に提供しております。
また血管外科である静脈瘤手術もクリティカル・パスを用いて短期間でも安全な医療を提供しております。

ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)の患者数が64人と最も多く、平均術前日数は1.30日、平均術後日数は3.16日、転院率は0.00%平均年齢は59.95歳です。
2番目に多い手術は、腹腔鏡下胆嚢摘出術であり、患者数が54人、平均術前日数3.85日、平均術後日数5.39日、転院率0.00%平均年齢は59.15歳です。
3番目に多い手術は、下肢静脈瘤血管内焼灼術であり、患者数が35人、平均術前日数0.43日、平均術後日数1.74日転院率0.00%、平均年齢68.09歳です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K005.3 皮膚皮下腫瘍摘出(露出部)4cm以上 - 1.83 6.83 0.00% 19.67
K219.1 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - 1.17 7.83 0.00% 69.83
K006.3 皮膚皮下腫瘍摘出(露出外)6cm以上 - 0.80 5.80 0.00% 34.20
K091.2 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑なもの)  - 0.40 11.60 0.00% 47.60
K005.1 皮膚皮下腫瘍摘出(露出部)2cm未満 - 1.33 6.33 0.00% 18.33
形成外科では、皮膚皮下腫瘍の手術を実施しており、出来るだけ傷跡が目立ちにくいように整容面にも配慮を行って手術を実施しております。

皮膚皮下腫瘍摘出(露出部)4cm以上の患者数が最も多く、平均術前日数は1.83日、平均術後日数は6.83日、転院率は0.00%
平均年齢は19.67歳です。
2番目に多い手術は、眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)であり、平均術前日数1.17日、平均術後日数7.83日、転院率0.00%
平均年齢は69.83歳です。
3番目に多い手術は、皮膚皮下腫瘍摘出(露出外)6cm以上であり、平均術前日数0.80日、平均術後日数5.80日
転院率0.00%、平均年齢34.20歳です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K177.1 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所)          95 1.56 12.15 0.00% 61.94
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 40 0.40 9.55 7.50% 73.90
K174.2 水頭症手術(シャント手術) 21 4.10 13.95 4.76% 76.19
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 16 2.50 10.00 0.00% 63.75
K178.1 脳血管内手術(1箇所) 16 2.50 15.50 12.50% 56.94
脳神経外科では、脳動脈瘤頸部クリッピング術を多く実施しております。
また、最新型の顕微鏡や血管造影の機械も導入されており高度で安全な治療を提供しております。

脳動脈瘤頚部クリッピング術(1箇所)の患者数が95人と最も多く、平均術前日数は1.56日、平均術後日数は12.15日、転院率は0.00%、平均年齢は61.94歳です。
2番目に多い手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術であり、患者数が40人、平均術前日数0.40日、平均術後日数9.55日、転院率7.50%、平均年齢73.90歳です。
3番目に多い手術は、水頭症手術(シャント手術)であり、患者数が21人、平均術前日数4.10日、平均術後日数13.95日転院率4.76%、平均年齢は76.19歳です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K046.1 骨折観血的整復術(肩甲骨・上腕・大腿)       77 4.44 25.74 59.74% 80.87
K082.1 人工関節置換術(肩・股・膝) 56 2.96 38.02 1.79% 74.32
K073.2 関節内骨折観血的手術(胸鎖・手・足) 46 3.09 16.91 4.35% 67.52
K142.3 脊椎固定術(後方椎体固定) 45 3.18 31.20 8.89% 70.76
K081.1 人工骨頭挿入術(肩・股) 37 6.57 32.81 59.46% 79.57
主に高齢者の骨折を多く扱っており、他院と連携した連携クリティカル・パスも備えておりますので、転院率が高くなっております。
人工関節センターも併設し、3次元画像支援システムを導入し安全に手術を行っています。

整形外科では、骨折観血的整復術(肩甲骨・上腕・大腿)の患者数が77人と最も多く、平均術前日数は4.44日、平均術後日数は25.74日、転院率は59.74%、平均年齢は80.87歳です。
2番目に多い手術は、人工関節置換術(肩・股・膝)であり、患者数が56人、平均術前日数2.96日、平均術後日数38.02日、転院率1.79%平均年齢は74.32歳です。
3番目に多い手術は、関節内骨折観血的手術(胸鎖・手・足)であり、患者数が46人、平均術前日数3.09日、平均術後日数16.91日、転院率4.35%平均年齢67.52歳です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K005.2 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)2-4cm未満    - 0.00 2.17 0.00% 51.33
K005.1 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)2cm未満 - 0.00 1.00 0.00% 61.00
K006.2 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出外)3-6cm未満 - 0.00 1.00 0.00% 37.33
K007.2 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.00 3.33 0.00% 73.33
K006.1 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出外)3cm未満 - 0.00 1.00 0.00% 53.50
皮膚科では、皮膚・皮下腫瘍摘出術を多く治療しております。

皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)2-4cm未満の患者数が最も多く、平均術前日数は0.00日、平均術後日数は2.17日、転院率は0.00%、平均年齢は51.33歳です。
2番目に多い手術は、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)2cm未満であり、平均術前日数0.00日、平均術後日数1.00日
転院率0.00%、平均年齢は61.00歳です。
3番目に多い手術は、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出外)3-6cm未満であり、平均術前日数0.00日、平均術後日数1.00日
転院率0.00%、平均年齢37.33歳です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K803.6イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 28 2.25 6.46 0.00% 75.57
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 0.75 8.92 0.00% 68.83
K841.1 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 10 7.70 11.60 0.00% 73.40
K781.2 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) - 2.25 4.25 0.00% 66.63
K803.6ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) - 1.40 5.20 0.00% 72.60
泌尿器科では、尿道を経由して内視鏡を挿入し、手術を行う「経尿道的手術」を行っています。
体への負担も少なく、手術後も早期に退院が出来ます。

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用のもの)の患者数が28人と最も多く、平均術前日数は2.25日、平均術後日数は6.46日、転院率は0.00%、平均年齢は75.57歳です。
2番目に多い手術は、経尿道的尿管ステント留置術であり、患者数が12人、平均術前日数0.75日、平均術後日数8.92日、転院率0.00%、平均年齢は68.83歳です。
3番目に多い手術は、経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの)であり、患者数が10人、平均術前日数7.70日、平均術後日数11.60日、転院率0.00%、平均年齢は73.40歳です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 57 1.46 4.42 0.00% 45.93
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 50 0.98 4.14 0.00% 36.80
K888.2 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 34 0.97 4.09 0.00% 41.41
K898.2 帝王切開術(選択帝王切開) 25 0.96 6.96 0.00% 34.08
K909.1 流産手術(妊娠11週までの場合) 25 0.24 0.96 0.00% 33.60
産婦人科では、安全で低侵襲な腹腔鏡を使用して多くの手術を実施しております。
手術後も短期間での退院が可能となっております。

腹腔鏡下腟式子宮全摘術の患者数が57人と最も多く、平均術前日数は1.46日、平均術後日数は4.42日転院率は0.00%、平均年齢は45.93歳です。
2番目に多い手術は、腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術であり、患者数が50人、平均術前日数0.98日、平均術後日数4.14日、転院率0.00%、平均年齢は36.80歳です。
3番目に多い手術は、子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)であり、患者数が34人、平均術前日数0.97日、平均術後日数4.09日、転院率0.00%、平均年齢は41.41歳です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K282.1ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 240 0.07 1.10 0.00% 74.31
K280.1 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 72 0.38 6.33 0.00% 64.15
K280.2 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 18 0.39 3.61 0.00% 64.89
K249 角膜潰瘍掻爬術 13 1.46 12.92 0.00% 76.46
K255 強角膜瘻孔閉鎖術 11 3.09 4.64 0.00% 57.91
眼科では、白内障の手術を多く実施しており、クリティカル・パスを用いて短期間でも安全な医療を提供しております。

水晶体再建術の患者数が240人と最も多く、平均術前日数は0.07日、平均術後日数は1.10日、転院率は0.00%、平均年齢は74.31歳です。
2番目に多い手術は、硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)であり、患者数が72人、平均術前日数0.38日、平均術後日数6.33日、転院率0.00%、平均年齢は64.15歳です。
3番目に多い手術は、硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの)であり、患者数が18人、平均術前日数0.39日、平均術後日数3.61日、転院率0.00%、平均年齢は64.89歳です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K377.2 口蓋扁桃手術(摘出) 142 1.02 6.44 0.00% 11.40
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24 1.71 7.00 0.00% 57.63
K407-2 軟口蓋形成手術 19 1.32 8.68 0.00% 42.16
K347 鼻中隔矯正術 14 1.00 6.50 0.00% 36.14
K370 アデノイド切除術 13 1.00 3.92 0.00% 5.23
耳鼻咽喉科では、睡眠呼吸障害・睡眠時無呼吸症の治療を多く行っています。
クリティカル・パスを使用し、短期間でも安全な医療を提供しております。

口蓋扁桃手術(摘出)の患者数が142人と最も多く、平均術前日数は1.02日、平均術後日数は6.44日
転院率は0.00%、平均年齢は11.40歳です。
2番目に多い手術は、内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)であり、患者数が24人、平均術前日数1.71日、平均術後日数7.00日、転院率0.00%
平均年齢は57.63歳です。
3番目に多い手術は、軟口蓋形成手術であり、患者数が19人、平均術前日数1.32日、平均術後日数8.68日
転院率0.00%、平均年齢は42.16歳です。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K190.1 脊髄刺激装置植込術(16極以下ジェネレーターを用いるもの) - 2.29 14.00 0.00% 51.86
K190-2.1 脊髄刺激装置交換術(16極以下ジェネレーターを用いるもの) - 1.17 13.50 0.00% 63.50
K010.2 瘢痕拘縮形成手術(その他) - 2.00 10.00 0.00% 52.00
K023 筋膜切離術、筋膜切開術 - 1.00 8.00 0.00% 26.00
- - -
麻酔科では局所疼痛症候群に対して脊髄刺激装置植込を多く実施しております。

脊髄刺激装置植込術(16極以下ジェネレーターを用いるもの)の患者数が最も多く、平均術前日数は2.29日、平均術後日数は14.00日、転院率は0.00%、平均年齢は51.86歳です。
2番目に多い手術は、脊髄刺激装置交換術(16極以下ジェネレーターを用いるもの)であり、平均術前日数1.17日、平均術後日数13.50日、転院率0.00%、平均年齢は63.50歳です。
3番目に多い手術は、瘢痕拘縮形成手術(その他)であり、平均術前日数2.00日、平均術後日数10.00日、転院率0.00%、平均年齢は52.00歳です。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.01%
異なる 10 0.10%
180010 敗血症 同一 22 0.22%
異なる 30 0.30%
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.05%
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 34 0.35%
異なる - -
当院における播種性血管内凝固症候群(DIC)(DPC6桁:130100)、敗血症(DPC6桁:180010)、その他の真菌感染症(DPC6桁:180035)、手術・処置の合併症(DPC6桁:180040)の症例数と発生率を集計したものです。
入院の契機の「同一」とは、入院の契機となった傷病名(DPC6桁)と医療資源を最も投入した傷病名(DPC6桁)が同じ場合、「異なる」とは、入院の契機となった傷病名(DPC6桁)と医療資源を最も投入した傷病名(DPC6桁)が異なる場合になります。
播種性血管内凝固症候群の例では、「入院の契機と同一」とは、入院した時に播種性血管内凝固症候群と診断された患者さんであり、「入院の契機と異なる」とは、入院した時には別の病気で入院しましたが、その後に播種性血管内凝固症候群を発症し、入院した時の病気の治療よりも播種性血管内凝固症候群の治療に時間を要した場合を示しています。

また、発生率は各症例数の全退院患者数(9,849人)に対する発生率を示しています。

なお、手術・処置等の合併症については、手術や処置により一定の割合で起こり得るものです。
手術・処置等の合併症の内訳として、術後疼痛症候群、後出血、術後創部感染等があります。入院後に適切な治療を判断して行っています。

(年間患者数が10人未満の場合は「-」ハイフン表示となっています)
更新履歴
2017/10/1
平成28年度病院指標作成